Advertisement

【WBC】大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」

 

【WBC】大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」
中国戦でライトスタンドへ本塁打を放った牧秀悟(C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は12日、プールB・1次リーグ第4戦で日本とオーストラリアが対戦している。

◆【実際の映像】大谷翔平と“たっちゃん”も思わず大爆笑 牧秀悟が魅せた豪州戦前の円陣の様子

■「最高のメンバーでやるの残り4試合」

プールBで3連勝中の日本だが、試合前のある場面注目を集めている。

侍ジャパンの公式ツイッターが公開したのは試合前の円陣の様子。この日の円陣担当はここまで2本塁打を放っている牧秀悟。牧は、「お疲れさまです。昨日はナイスゲームでした。しかし、今日勝たな意味ないっす」とナインに発破をかけるコメント。

ベンチスタートとなった牧だが、「スタートの人たち暴れてきてください。あとから行く人たち、もう準備できてます。いつでも大丈夫です」と準備万端とアピール。これには大谷翔平は爆笑し、隣で聞いていたラーズ・ヌートバーも通訳の水原一平さんから意味を伝えられると、思わず笑顔を見せた。

牧は「見てください。隣を。こんな最高のメンバーでやるの4試合しかないです。いきましょう」とあいさつ。チームとしての結束を窺わせる一幕であった。

試合は大谷に初回、WBC自身第1号となる3ランが生まれ先制している。この勢いのまま4連勝を飾れるか注目が集まる。

◆「子どものころから夢見ていた」大谷翔平、特大の第1号を振り返る 「優勝目指していく」と力強く宣言

◆【実際の映像】大谷翔平と“たっちゃん”も思わず大爆笑 牧秀悟が魅せた豪州戦前の円陣の様子

Advertisement


◆「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、衝撃の看板直撃“第1号”の行方に注目 ボールをキャッチしたのは…

文●SPREAD編集部