【WBC】「電光石火の速さ」大谷翔平、セーフティバントで出塁 「Sho Good」と米称賛、岡本和真の3ランでホーム踏む 

 

【WBC】「電光石火の速さ」大谷翔平、セーフティバントで出塁 「Sho Good」と米称賛、岡本和真の3ランでホーム踏む 
イタリア戦でセーフティバントを成功させた大谷翔平(C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は16日、準々決勝の日本対イタリアの試合が東京ドームで行われる。大谷翔平は「3番投手・DH」で先発出場した。

◆【実際の映像】「電光石火の速さ」大谷翔平、巧みなセーフティバントで出塁「Sho Good」と米メディアも称賛

■二刀流で奮闘見せる

負ければそこで終わりの準々決勝ラウンド。二刀流で先発した大谷が第2打席に巧みな技を見せた。

1死一塁で迎えた3回裏の場面、大谷は相手投手ラソーラの投じた初球のツーシームをセーフティバント。俊足を飛ばして一塁に駆け込み内野安打となった。

このプレーに『Anaheim Sports』のツイッターは「Sho Good!ショウヘイ・オオタニが東京で電光石火の速さでバンド安打を放った」と記している。

大谷はその後二塁へ進むと、岡本和真の3ラン本塁打でホームを踏んだ。アメリカで行われる準決勝ラウンド進出に向けて、チームプレーで侍ジャパンを助けた。

◆【実際の映像】「電光石火の速さ」大谷翔平、巧みなセーフティバントで出塁「Sho Good」と米メディアも称賛

◆【実際の映像】岡本和真がファン待望のWBC初アーチ! 左手一本で放った“技あり”3ランに会場どよめき

◆え? 大谷翔平が牧秀悟へ特別に“デスターシャ” 披露 初回3ラン後にパフォーマンス

Advertisement


文●SPREAD編集部