Advertisement

【WBC】「想いは全員に伝わっていた」栗山英樹監督、先発の大谷翔平称える 準決勝へ意気込み「アメリカに行って勝たなければ」

 

【WBC】「想いは全員に伝わっていた」栗山英樹監督、先発の大谷翔平称える 準決勝へ意気込み「アメリカに行って勝たなければ」
準決勝進出を決めた侍ジャパンの栗山英樹監督(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は16日、準々決勝の日本対イタリアの試合が行われ、9-3で日本が勝利した。

◆【実際の映像】大谷翔平、村上宗隆の値千金タイムリーに大喜び、ヘルメットを叩いての祝福シーン

■「たまたま勝たせてもらった」

栗山英樹監督は試合後に「皆さんありがとうございました。多くの野球ファンが球場に来れない時期が続きましたけど、野球が戻ってきたなと感じています」とコメント。

イタリアチームについては「最終的には点が離れましたが、試合展開どうなるのかわからなかったのでたまたま勝たせてもらった」と述べ、相手を称えた。

準々決勝に挑むにあたり、「選手は凄く緊張していました。僕も選手同様感じていました」と試合前の様子を伝え、チームとして緊張感を持ちながら戦っていたと明かした。

大谷をはじめとした投手陣については「全員で投手を突っ込んで行くという。(大きな声を出した)翔平の想いは僕含め全員に伝わっていた」と気持ちがこもっていたと語る。

最後に「野球が発展するためにはアメリカに行って勝たなければ。本当に皆さんありがとうございました」と、アメリカで行われる準決勝ラウンドへ向けて意気込んだ。

◆【実際の映像】村上宗隆、5番降格も意地の一振り レフトオーバーの2ベースで追加点

◆【実際の映像】「電光石火の速さ」大谷翔平、巧みなセーフティバントで出塁「Sho Good」と米メディアも称賛

Advertisement


◆【実際の映像】「ガンバレマスカー?サーイコウ!」“たっちゃん”がイタリア戦前円陣で侍ジャパンに闘志注入

文●SPREAD編集部