Advertisement

【MLB】吉田正尚、盗塁も決めた 先制点に勝ち越し打含む4打数2安打2打点1盗塁

 

【MLB】吉田正尚、盗塁も決めた 先制点に勝ち越し打含む4打数2安打2打点1盗塁
この日2打点を挙げ勝利に貢献した吉田正尚 (C) Getty Images

ボストン・レッドソックス吉田正尚は2日(日本時間3日)、本拠地フェンウェイ・パークで行われたボルチモア・オリオールズ戦に4番左翼で先発出場、4打数2安打2打点1盗塁で、9-5の勝利に貢献した。

◆【実際の映像】吉田正尚、この2打点目となるしぶといタイムリー

■13打数4安打3打点4得点1盗塁

吉田は初回無死満塁のチャンスで第1打席を迎えるがオリオールズ先発コール・アービンの前にボテボテのファーストゴロ。それでも三塁ランナーが生還し、先制点とした。

3-3と追いつかれた5回は再び無死一、二塁のチャンス。ここでも初球をしぶとくセンター前に落とす勝負強さを見せ4-3と勝ち越し、この日2打点目を挙げた。

7回にもレフト前に運びマルチ安打をマークした吉田は、その後カザスの適時打でホームに生還。さらに8回には四球で出塁すると、盗塁を決めて見せ、メジャー初盗塁を記録した。

吉田は試合後、「とにかくチームの勝利に貢献できて嬉しい」とコメントを残した。

吉田はこれで13打数4安打3打点4得点1盗塁、.308と期待通りの滑り出しを見せている。

◆【実際の映像】吉田正尚、ゲームセットかと思いきや… 奇跡のサヨナラ呼び込んだエラー出塁

◆吉田正尚は“反撃の狼煙”で4打数2安打1打点1得点デビュー 開幕4番で「心はホット」と興奮伝える

Advertisement


◆440フィート弾でオープン戦を締めくくった吉田正尚、成否のカギを米メディアが「100マイルの速球への対応」と分析

文●SPREAD編集部