【MLB】ダルビッシュ有、緊急降板も昨季16勝のエースが待望の初勝利 6回途中1失点の好投、パドレスは5割復帰

 

【MLB】ダルビッシュ有、緊急降板も昨季16勝のエースが待望の初勝利 6回途中1失点の好投、パドレスは5割復帰
今季初勝利を挙げたダルビッシュ有(C)ロイター/USA TODAY Sports

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有が23日(日本時間24日)、敵地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板し、5回2/3を2安打5奪三振1失点とまとめ今季初勝利を挙げた。

◆【実際の映像】ダルビッシュ有、“ピッチングニンジャ”も驚愕の92マイルの高速スプリット

■今季2敗も4戦目で結果

今季初登板からここまで粘りの投球を見せながらも、2敗と勝利から見放されていた今季のダルビッシュだが、この日は初回から快投で白星をつかみ取った。

初回に3者凡退に打ち取る好スタートを切ると、2回には四球でランナーを出すが併殺打に打ち取る。4回に犠牲フライで1点を失ったものの、打線の援護に恵まれた中、6回途中まで1失点の投球を見せた。

ダルビッシュは5回を2/3投げたところで足を気にする仕草を見せ緊急降板。102球(ストライク63球)を投げ2安打4四死球1失点の投球で防御率は3.00。最速は96.9マイル(約156キロ)を記録した。

試合はパドレスが7-5で勝利し5割復帰。昨季16勝を挙げたダルビッシュは4試合目にして待望の今季初白星を手にした。

◆【実際の映像】ダルビッシュ有、“ピッチングニンジャ”も驚愕の92マイルの高速スプリット

◆12K好投ダルビッシュ有に落とし穴 ピッチコム“誤操作”ボークから決勝点献上「ベンチも分かっていない」

◆ダルビッシュ有、秘打「G線上のアリア」に崩れ今季初黒星も「本来の姿に戻った」と指揮官は太鼓判

Advertisement


文●SPREAD編集部