Advertisement

【MLB】大谷翔平、160キロ連発のルーキーに無安打も“意地”の2盗塁 「マルチ盗塁」は2季ぶり

 

【MLB】大谷翔平、160キロ連発のルーキーに無安打も“意地”の2盗塁 「マルチ盗塁」は2季ぶり
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は25日(日本時間26日)、本拠地オークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場。5回に今季2個目となる二盗を決め、直後にダブルスチールで三盗に成功した。

◆【動画プレーバック】大谷翔平、特大5号の次は一塁への“俊足”内野安打を記録 米アナリストも大興奮「このスピードを見てくれ」

■剛腕ルーキーに無安打も…

初回の第1打席は1死二塁のチャンスで左飛、2回の第2打席は見逃し三振と、100マイル前後(約160キロ)の速球を持つ新人メイソン・ミラーに苦戦した大谷だったが、この日は“足”で魅せた。

5回の第3打席に併殺崩れで出塁した大谷は、4番レンドンの打順で二盗に成功。レンドンが四球で一、二塁、5番ドゥルーリーの打順ではダブルスチールを決め、1試合2盗塁を記録した。大谷の盗塁は18日(同19日)ニューヨーク・ヤンキース戦以来、今季3個目。

エンゼルスの番記者レット・ボリンジャー氏によると、大谷の1試合複数盗塁は2021年9月29日(同30日)以来となる。

なお、試合は初回にドゥルーリー、レンヒフォ、アーシェラの3者連続となる適時打で4点を挙げたエンゼルスがリードを守り抜き、5-3でアスレチックスに勝利。勝率5割に戻した。

◆【動画プレーバック】大谷翔平、特大5号の次は一塁への“俊足”内野安打を記録 米アナリストも大興奮「このスピードを見てくれ」

◆大谷翔平、5メートル曲がるスウィーパーを投げたあのレジェンドが18勝・50本塁打と予言

◆ラーズ・ヌートバー、無安打も強烈レーザビームで進塁阻止 衝撃の強肩に実況も興奮「なんというプレー」

Advertisement


文●SPREAD編集部