Advertisement

【MLB】吉田正尚、今季4号は右中間への126メートル弾 チーム敗戦も7試合連続安打で好調ぶりアピール

 

【MLB】吉田正尚、今季4号は右中間への126メートル弾 チーム敗戦も7試合連続安打で好調ぶりアピール
今季4号のソロ本塁打を放った吉田正尚(C)ロイター/USA TODAY Sports

ボストンレッドソックス吉田正尚は、26日(日本時間27日)に敵地で行われたボルチモア・オリオールズ戦に「4番左翼」で先発出場。2回の第1打席に今季4号となるソロ本塁打を放った。

◆【実際の映像】吉田正尚、3試合ぶりの今季4号は右中間への176キロ弾

■ウェルズの3球目のチェンジアップを捉える

4試合連続マルチ安打を記録し好調を維持する吉田は、この日もその打棒をふるった。

先頭打者として迎えた2回の第1打席、吉田は相手先発タイラー・ウェルズの投じた3球目のチェンジアップを捉えると、ボールは24度の角度で右中間スタンドへ一直線。飛距離412フィート(約126メートル)、打球速度106.0マイル(約176キロ)での今季4号となった。

吉田の本塁打は1イニング2本を記録した23日(同24日)のミルウォーキー・ブリュワーズ戦以来3試合ぶり。この日は4打数1安打1打点で打率は.276。

試合はレッドソックスが2-6で敗れたものの、吉田は7試合連続安打とし好調ぶりを見せつけた。

◆【実際の映像】吉田正尚、3試合ぶりの今季4号は右中間への176キロ弾

◆6試合連続、24打数12安打の吉田正尚がチーム浮上のカギ 「起爆剤になれば下位はない」と米メディアも期待

◆吉田正尚は全開、6試合連続の4打数2安打で出塁率.376に得点圏打率.333と勝利に貢献

Advertisement


文●SPREAD編集部