Advertisement

【MLB】吉田正尚、“殊勲”のロケット長打2本 指揮官は「良い仕事、良い打席を積み重ねた」とご満悦

 

【MLB】吉田正尚、“殊勲”のロケット長打2本 指揮官は「良い仕事、良い打席を積み重ねた」とご満悦
2安打3打点の活躍で勝利に貢献した吉田正尚(C) Getty Images

ボストン・レッドソックス吉田正尚が16日(日本時間17日)、本拠地でのシアトル・マリナーズ戦に「2番左翼」で先発出場。第1打席にメジャーで自身初となる三塁打をマークすると、3打席目にもエンタイトル二塁打を放つなど活躍。5打数2安打3打点で打率を.301とした。チームも9-4で勝利し、連敗を4で止めた。

◆【実際の映像】吉田正尚の「煙が出ていた」強烈フェン直三塁打

■「ロケットのような三塁打」

初回無死一塁で迎えた吉田の第1打席。カウント0-1から右腕ルイス・カスティーヨの97.1マイル(約156キロ)の直球を捉えると、打球はグングン伸びて中堅フェンス直撃の適時三塁打となった。吉田は三塁にヘッドスライディングし、ガッツポーズも見せた。

速度108.7マイル(約175キロ)、飛距離397フィート(約121メートル)、角度20度を記録したこの当たりに対して、地元メディア『Masslive.com』のクリス・コティロ記者は「吉田が中堅フェンスに向かってロケットのような三塁打を放った」とツイートし、弾丸ぶりを表現した。

第2打席は二ゴロに倒れたが、4-4で迎えた5回無死二塁の第3打席でも100マイル超えの内角速球を振り抜き、勝ち越しとなる右越え適時二塁打を放った。この試合2本目となる長打を見届けたMLB公式サイトのイアン・ブラウン記者は「吉田が大活躍している。三塁打と二塁打を記録した」とつづり、称賛した。

■3試合ぶり今季15度目マルチ

4打席目は中飛、8回の1死満塁で回ってきた5打席目は一塁ゴロで3打点目を挙げた吉田。この日は5打数2安打3打点で、3試合ぶり今季15度目のマルチ安打をマーク。打率を.301に引き上げた。

アレックス・コーラ監督は試合後、初回に4点を挙げた上位打線を称賛。「まず1番アレックス・バードゥーゴが全力疾走で塁に出て、相手にプレッシャーをかけた。そして、続くマサ(吉田)が三塁打を放ち、3番ジャスティン・ターナーが本塁打。良い仕事であり、良い打席を積み重ねた」とコメントした。

吉田は15日(同16日)の同カードを休養のため9日ぶりに欠場。直近7試合では打率.222とやや調子を落としていただけに、リフレッシュの効果が表れたようだ。

◆【実際の映像】吉田正尚、連敗止める勝ち越しフェンス越えツーベース

Advertisement


◆一球も空振りしない男・吉田正尚、劇的復活の背景を公式サイトが分析 連続試合安打は16で止まるも称賛続く

◆16試合連続安打の吉田正尚を「誰よりも勢いに乗っている打者」と米メディアが絶賛 獲得レース離脱球団をやり玉に

文●SPREAD編集部