Advertisement

【MLB】吉田正尚、フェン直先制三塁打にフェン越え勝ち越し二塁打と3打点の大活躍でチームの連敗止めた

 

【MLB】吉田正尚、フェン直先制三塁打にフェン越え勝ち越し二塁打と3打点の大活躍でチームの連敗止めた
2安打3打点の活躍で勝利に貢献した吉田正尚(C) Getty Images

ボストン・レッドソックス吉田正尚は16日(日本時間17日)、本拠地で行われたシアトル・マリナーズ戦に「2番左翼」で先発出場。初回、フェンス直撃のタイムリー・スリーベースで先制点、5回には勝ち越し打となるエンタイトル・ツーベースと3打点の活躍でチームをけん引した。

◆【実際の映像】吉田正尚の「煙が出ていた」強烈フェン直三塁打

■ヘッドスライディングで悠々セーフ

初回無死一塁、相手先発ルイス・カスティーヨがカウント0ー1から投じた2球目、156キロのストレートを弾き返すと、打球はセンターの頭上を越えグリーンのフェンスに直撃。ボールが転々とする間に激走を見せ、三塁にヘッドスライディング。先制点を挙げた。

吉田にとってメジャー初となる三塁打は打球角度20度、飛距離は397フィート(約121メートル)、打球速度は108.7マイル(約175キロ)だった。

これに実況は「マサ、ヘッスラだが悠々セーフだ」と歓喜。さらに、「今の打球は煙が挙がってた」と吉田を称賛した。

レッドソックスはこの後、2本のホームランもあり4点を挙げる猛攻。しかし、チームは4回に同点とされた。

5回の裏、ここでも無死二塁で打席がまわって来た吉田は、カウント3ー1から投じられた5球目のストレートを叩き、ワンバウンドでライトフェンスを超えるツーベースとし、勝ち越し点を挙げた。

吉田は8回にも一死満塁で打席を迎え、ここではファースト・ゴロに倒れるものの、打点を挙げ、この日3打点目とした。

チームは吉田に勢いづけられ9ー4と快勝。吉田は5打数2安打3打点の活躍で打率を.301とした。

Advertisement


◆【実際の映像】吉田正尚、連敗止める勝ち越しフェンス越えツーベース

◆一球も空振りしない男・吉田正尚、劇的復活の背景を公式サイトが分析 連続試合安打は16で止まるも称賛続く

◆16試合連続安打の吉田正尚を「誰よりも勢いに乗っている打者」と米メディアが絶賛 獲得レース離脱球団をやり玉に

文●SPREAD編集部