Advertisement

【ボート/芦屋】パワフルな舟足見せる「14号機」 SGオールスター注目機はこれだ

 

【ボート/芦屋】パワフルな舟足見せる「14号機」 SGオールスター注目機はこれだ
ファン投票1位の池田浩二

ボートレース芦屋「第50回ボートレースオールスター」(SG)は、23日から6日間開催される。本レースはファン投票によって選ばれた人気レーサーが集結することもあり大注目の舞台だ。

4月中旬から新モーターに切り替わった芦屋。徐々にではあるが、モーターに「差」が出始めてきた。ここでは、予想のヒントとして芦屋で好気配を見せるモーターを紹介していく。

◆直近3節優勝モーター機力評価 2号機使用した西山貴浩「普通」 SGオールスター

■エース機候補14号機

14号機は2節前、江口晃生が使用した。優勝こそ逃したものの、抜群の舟足を見せていた。この時優勝した西山貴浩は、オールスターでは14号機が良いとのコメント。江口は行き足中心の出足型に調整したということだった。

通常であれば、出足に寄せると周り足が良くなる分、伸びは消えていく。だが、このモーターは伸びも良く全体的に上位級の仕上がりを見せており、年間通して芦屋を代表するモーターになれるかもしれない。

前節・中村尊が使用していた58号機。予選3日目5号艇で5着の勇み足があったが、節間を通して連対を外したのはこの1走のみ。行き足から伸びにかけての動きが目立っていた。石野貴之や菅章哉など伸び型を得意とするレーサーが引けばさらなる上積みも見られるかもしれない。

前節、新人の大島隆乃介が使用した23号機。最終日には2着2本と連対絡みの走りを見せた。まだA1レーサーが乗ったことがないモーターだが、バランスが取れており気配は良好。平均展示タイムでは6.76をマークし全体2位の成績だ。トップレーサーが調整をして、どこまでパワーを引き出すことができるのか期待したい。

◆直近3節優勝モーター機力評価 2号機使用した西山貴浩「普通」 SGオールスター

◆エース機上回る、まくり期待の伸び「S」評価 MB大賞

Advertisement


◆今が「買い時」驚異のルーキー石本裕武 獲得賞金“500万”超え

文●舟橋廉(SPREAD編集部)