Advertisement

【オークス/馬場情報】リバティアイランドの牝馬二冠は濃厚か、東京芝は“上がり33秒台”の差し切り連発

 

【オークス/馬場情報】リバティアイランドの牝馬二冠は濃厚か、東京芝は“上がり33秒台”の差し切り連発

第84回オークス(GI、芝2400m)が行われる東京競馬場の馬場情報が21日、JRAより発表された。東京は芝「良」、ダート「稍重」でスタート。

芝のクッション値は「9.4/標準」、芝の含水率はゴール前14.2%、4コーナー15.3%と計測された。

◆【オークス2023予想/追い切り診断】ハーパーを上回る「A」の高評価 「桜花賞以上の迫力とメリハリ」

■過去10年で差し7勝のオークス

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

土曜東京芝は「稍重」でスタートし、芝のクッション値「8.9/標準」。午後には「良」へ回復し、11R・メイS(サクラトゥジュール)は芝1800mの勝ち時計1分44秒7と、コースレコードに0秒6差の好時計が出た。

メイSは1枠サクラトゥジュールが最内から差し切りを決めたが、メイン前までの芝レースでは外差しが連発。内外フラットながら、土曜芝6鞍のうち差しが4勝を挙げ、上がり33秒台の末脚を繰り出す馬が上位を占めた。

オークスは過去10年、上がり1位が【7.3.1.2】で勝率52.8%、連対率76.9%、複勝率84.6%。桜花賞でレース上がり34秒5より1秒6速い32秒9で差し切ったリバティアイランドの牝馬二冠は濃厚か。

21日午前に計測された東京芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

◆【オークス2023予想/騎手データ】リバティアイランド・川田に“連対率0%”も軸候補 買いは連対率80%のオークス男

◆【オークス2023予想/穴ライズ】想定オッズ“40倍”以上の妙味 「前走で見限るのは早すぎる」

Advertisement


◆【オークス2023予想/データ攻略】「28戦11勝」で目論むリバティアイランド超え “最強のジョーカー”がひと泡吹かす

2023年オークス(5月21日)

含水率
└ゴール前=芝14.2%|ダ7.2%
└4コーナー=芝15.3%|ダ8.0%
芝のクッション値=9.4[標準]

2022年オークス(5月22日)

含水率
└ゴール前=芝17.9%|ダ8.4%
└4コーナー=芝16.6%|ダ8.8%
芝のクッション値=8.9[標準]

2021年オークス(5月23日)

含水率
└ゴール前=芝16.6%|ダ8.5%
└4コーナー=芝16.1%|ダ8.0%
芝のクッション値=9.4[標準]

文●SPREAD編集部


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン