Advertisement

【オークス/騎手データ】リバティアイランド・川田に“連対率0%”も軸候補 買いは連対率80%のオークス男

【オークス/騎手データ】リバティアイランド・川田に“連対率0%”も軸候補 買いは連対率80%のオークス男

Advertisement

21日は東京競馬場で3歳牝馬三冠の2戦目となるオークス(GI、芝2400m)が開催されます。牝馬の強い時代を象徴するように近5年で牝馬二冠が3頭誕生。うちアーモンドアイ、デアリングタクトの2頭は牝馬三冠の座に輝きました。

今回は2000年以降の過去データを基に、気になる騎手データを見ていきます。

◆【オークス2023予想/穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“40倍”以上の妙味 「前走で見限るのは早すぎる」

Advertisement

■今週末も戸崎圭太騎手に出番あり

今年オークスに騎乗する騎手の中で、2000年以降騎乗経験があるのは14騎手。各騎手のデータは次の通り。

[2000年以降]オークスの騎手別成績

騎手ごとに騎乗数のバラ付きが見られることから、今回は集計期間内で3鞍以上の騎乗経験があり、かつ30%以上の高い連対率をマークする4騎手を見ていきましょう。

まず見ていくのが先週のヴィクトリアマイルで過去データに近い走りを見せてくれた戸崎圭太騎手です。集計期間内で勝ち鞍こそ挙げられていませんが、2013年のエバーブロッサム(5人気2着)、15年のルージュバック(1人気2着)、16年のチェッキーノ(2人気2着)で3度の連対がありますね。

注目ファクターは人気で、【戸崎圭太騎手】×【当日5番人気以内】は【0.3.0.2】の連対率60.0%。人気の戸崎圭太騎手は買いです。さて、戸崎圭太騎手が今年のオークスで騎乗予定なのが前日8番人気のミッキーゴージャス(栗東・安田隆行厩舎)。

例年のオークスなら弾かれることが多い2勝馬ですが、今年はボーダーが低く抽選なしでの出走です。またメンバー中の無敗馬はこの馬のみですね。当日5番人気以内に推されるようなら押さえてみてください。

Advertisement

◆【オークス2023予想/データ攻略】「28戦11勝」で目論むリバティアイランド超え “最強のジョーカー”がひと泡吹かす

■断然人気のリバティアイランド&川田将雅騎手は

続いて前日で単勝オッズ1.4倍の1番人気に推されているリバティアイランド(栗東・中内田充正厩舎)に跨る川田将雅騎手のデータを見ていきます。リバティアイランドについては説明不要で今年のオークス大本命馬ですね。

そして川田将雅騎手のオークス過去成績ですが、2012年のジェンティルドンナ(3人気1着)、14年のハープスター(1人気2着)、18年のリリーノーブル(4人気2着)と3度の連対が確認できます。

中内田充正厩舎の所属馬では【0.0.0.3】の連対率0.0%という気になるデータが見つかりますが、桜花賞馬に跨った際は【1.1.0.0】というデータがあり相殺可能でしょう。

Advertisement

また、ほぼ人気通りの着順が見込めることから、変に捻る必要は一切なく、リバティアイランド&川田将雅騎手は軸扱いで問題なしと判断します。

◆【オークス2023予想/データ攻略】前走・重賞勝ち馬はノーマーク禁物 “1分58秒台”が証明するGI激走率6割超

■D.レーン騎手は半信半疑

続いて今春のGIで人気馬に跨る機会が多いD.レーン騎手のデータを見ていきましょう。同騎手は昨年のオークスで10番人気のスタニングローズを2着に導いていますね。一方で、2019年は3番人気のコントラチェックで9着、20年は2番人気のデゼルで11着に終わっています。

また、集計対象を東京芝2400mの重賞へと広げると【0.2.2.7】の連対率18.2%で、悪くはないのですが、人気を考えるとかなり微妙です。阪神や中山のGIや重賞に比べると信頼度はイマイチかもしれません。

そんなD.レーン騎手ですが、オークスでは前日3番人気のコナコースト(栗東・清水久詞厩舎)に跨がります。データを重視するとこれまでの東京GIと同様に押さえまでがベターでしょう。

◆【オークス2023予想/追い切り診断】ハーパーを上回る「A」の高評価 「桜花賞以上の迫力とメリハリ」

■C.ルメール騎手はオークス男

最後にオークス男ぶりを遺憾なく発揮できているC.ルメール騎手について見ていきます。2016年のエンジェルフェイス(3人気10着)、20年のサンクテュエール(5人気13着)の成績が響き、人気と比べると着順の落ち込みが見られるものの、17年のソウルスターリング(1人気)、18年のアーモンドアイ(1人気)、そして22年のスターズオンアース(3人気)で3勝を挙げています。

注目ファクターは戸崎圭太騎手と同様に人気で【C.ルメール騎手】×【当日3番人気以内】の組み合わせは【3.1.0.1】の勝率60.0%、連対率80.0%。この条件に該当したら鉄板級の扱いが必要ですね。

そしてC.ルメール騎手が今年のオークスで騎乗予定なのが前日2番人気のハーパー(栗東・友道康夫厩舎)。リバティアイランドに何かが起きた場合、勝つのはこのコンビかもしれません。

以上、オークスの気になる騎手データでした。データ注目騎手はC.ルメール騎手です。春GIで人気のC.ルメール騎手は素直に買いです。

◆【オークス2023予想/穴馬アナライズVol.2】単勝“14人気”前後の爆穴 「ポテンシャルは他馬にもヒケを取らない」

オークス(優駿牝馬)2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】コナコーストに迫る高評価「A」 想定“7人気”前後が「人馬一体といった雰囲気」

◆【追い切り診断】桜花賞の好走馬に不満「B」評価 「肝心の反応面がいまひとつ」

◆【追い切り診断】ハーパーを上回る「A」の高評価 「桜花賞以上の迫力とメリハリ」

◆【追い切り診断】連対率100%の実力馬に最高評価「S」 「2400m戦も問題なくこなせそう」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“40倍”以上の妙味 「前走で見限るのは早すぎる」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“14人気”前後の爆穴 「ポテンシャルは他馬にもヒケを取らない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”前後の盲点 「相手の1頭には必ず組み込んでおきたい」

◆【危険な人気馬】連対率100%の有力馬は“消し” 「今回のレースに不向きな脚質」

▼データ攻略
◆【データ攻略】牝馬三冠馬も該当する「2.1.0.0」 “不安要素ほぼゼロ”で挑む樫の女王の座

◆【データ攻略】前走・重賞勝ち馬はノーマーク禁物 “1分58秒台”が証明するGI激走率6割超

◆【データ攻略】「28戦11勝」で目論むリバティアイランド超え “最強のジョーカー”がひと泡吹かす

◆【データ攻略】想定“2桁”人気に「1.2.0.0」 GI馬と接戦演じた舞台で波乱の立役者になる

◆【WIN5予想】メインは“リバティアイランドに迫る”末脚自慢も候補 新潟11Rはダ経験馬で「一点突破」

▼血統傾向
◆【血統傾向】距離延長で重賞好走馬に食指 種牡馬データが示す「スタミナ」に期待

◆【血統傾向】才能開花で“2桁”人気が復活の予感 連敗の重賞馬が大波乱を演出する

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・リバティアイランドは連対率0%の“鬼門”に 3年連続馬券内に伏兵が入る

◆【前走ローテ】桜花賞組の最多7勝がリバティアイランド「三冠」後押し フローラS組に“伏兵”あり

◆【脚質傾向】優勝候補は“4角7番手”以下の差し 2、3着には伏兵の先行馬が粘る歴史あり

◆【人気傾向】狙うは「ヒモ荒れ」の単勝“2桁”人気 連敗中の1人気に馬券内率75%超

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします