Advertisement

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚の侍ジャパン対決は痛み分け 打点王は2安打1打点もエ軍勝利

 

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚の侍ジャパン対決は痛み分け 打点王は2安打1打点もエ軍勝利
エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平ボストン・レッドソックス吉田正尚は22日(日本時間23日)、カリフォルニア州アナハイムのエンゼルス・スタジアムで対戦。大谷が「3番DH」で、吉田が「2番左翼」で先発出場。エンゼルスが2-1で辛勝した。

◆【実際の映像】吉田正尚の一塁手の頭を越えるタイムリー同点打

■吉田は2戦連続マルチ

この日、大谷は第1打席は四球で歩いたものの、第2打席、第3打席ともに三振。第4打席では無死一塁のチャンスにもライト・ライナーに倒れ、3打数無安打1四球に終わった。一方の吉田は第1打席こそ一塁ゴロに倒れたものの、第2打席にレフト前ヒット、6回表1死三塁で回って来た第3打席に今度は適時内野安打、これが一時、試合を降り出しに戻す同点の一打となった。9回の第4打席はレフト・フライに倒れ、4打数2安打1打点だった。

試合はミッキー・モニアックが8回に決勝ソロを放ち、エンゼルスが2-1で逃げ切った。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のMVPと打点王の顔合わせだったが、大谷は無安打ながらチームは勝利、吉田はマルチ安打の同点打もチームは黒星…この勝負、痛み分けと言ったところか。

◆【実際の映像】吉田正尚の一塁手の頭を越えるタイムリー同点打

◆大谷翔平、キング争いに加わる豪快126メートル第11号弾 実況も「劇的なショウヘイ、なんてスイングだ」と驚愕

◆「一生に一度の選手」5勝目を挙げ9号アーチを放った大谷翔平に敵軍も脱帽「彼は特別な才能を持っている」

文●SPREAD編集部

Advertisement