Advertisement

解説も驚き「もう、鳥肌」 1日2イーグルは今季9人目 鶴岡果恋が逆転でのシード権獲得に向け好発進

 

解説も驚き「もう、鳥肌」 1日2イーグルは今季9人目 鶴岡果恋が逆転でのシード権獲得に向け好発進
鶴岡果恋(C)Getty images

女子ゴルフツアー第37戦「大王製紙エリエールレディスオープン」(愛媛県、エリエールゴルフクラブ松山/6,575ヤード、パー71)は16日、第1ラウンドが行われ、鶴岡果恋が1ラウンドで2イーグルを達成。今季JLPGAツアーでは9人目となる見事なプレーを見せ、逆転での来季シード権獲得に勢いをつけた。

◆【実際の映像】鶴岡果恋のショットインイーグルに解説も「もう、鳥肌」

■2個目のショットインイーグルは「もう、鳥肌」

インスタートとなった鶴岡は、出だしの10番でボギーが先行。11番でバウンスバックに成功するも、15番で再びボギーを叩いてしまう。1オーバー、63位タイで迎えた17番、アゲインストの風が吹く中、果敢に攻めた鶴岡のセカンドショットは、ピン約5メートルほど奥へ着弾。落ち着いてイーグルパットを沈め、現地ファンから歓声が上がった。

息を吹き返した鶴岡は、後半に入り3番でバーディが先行。4番もバーディを決め、続く5番でこの日最大の見せ場がくる。

450ヤードという長いパー4のセカンドショット。鶴岡の打球はピン手前に着弾し、ボールはファンの「入れ!入れ!」の声援に押されてカップの中へ。鶴岡は右手を高々と上げた後、キャディと同組の柏原明日架とハイタッチを交わした。また現地では大歓声が湧き上がり、解説を務めていた佐伯三貴も「もう、鳥肌」と驚きを隠せていなかった。

鶴岡が記録した1日2イーグルの達成者は、先週の伊藤園レディスまでで9人のみ。国内ツアーメンバーのみに限定すると8人で、鶴岡が9人目の達成者となる。

鶴岡は現在メルセデス・ランキング56位。来季のフルシード権獲得は50位までとなっており、現在同ランキング50位の濱田茉優との差は69.93pt。逆転するには予選落ちは避けなければならず、最低でもトップ10入りを目指さないと厳しい状況だ。初日の勢いをそのままに、第2ラウンドも攻めていきたいところだ。

◆岩井千怜が大会コース記録に並ぶ63、8アンダーで首位発進

◆シード権奪還狙う脇元華が「完璧な読み」 10m超ロングパット沈める鮮烈バーディーで上位浮上

Advertisement


◆シード権争う柏原明日架が「17番でイーグル!」 パー5の池越え2オンにファン驚愕「すげ…」

(G.Tsukamoto/SPREAD編集部)