DAZNが気になる狩野舞子、リポート先でもマークを見つけてイジる

4月7日、元バレーボール選手の狩野舞子さんが自身のインスタグラムを更新。Vリーグの試合をリポートした日の様子を投稿した。

注目すべきは3枚めのブランデージ・トロフィーになりきった、狩野さんのシュールな姿。

このブランデージ・トロフィーとは、Vリーグの覇者に送られるトロフィーのこと。それにちなんで、Vリーグファイナルステージの横断幕にも使用されているようだ。

横断幕に描かれたトロフィーのシルエットを真似た狩野さんは自分自身で「あれ、意外とブランデージトロフィーなりきれてる」とコメント。堂々とした姿とは裏腹に、意外とモノマネに自信がなかったのだろうか。

DAZNロゴとの投稿は常習犯

そんな狩野さんだが、今回は会場にあったDAZNロゴを使って3枚の写真も撮影。ロゴのくぼみを指でイジるファンキーな姿を見せてくれている。

実は狩野さん、過去にDAZNのオフィスを訪れた際にもこのロゴと写真を撮影しており、その様子を何度かインスタグラムに投稿していた。

狩野さんがDAZNロゴの前で度々写真撮影をしていることは、何人かのファンに気づかれている様子。

今回はリポート先ではあったものの「そろそろダゾーンのビルの警備員がマークする頃」と、ツッコミのコメントを寄せるファンもいた。

どんな場所でもDAZNが気になってしまう狩野さん。次はどのようなDAZNロゴと狩野選手のツーショットが投稿されるのか楽しみだ。

≪関連記事≫


インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします