木村沙織、鹿児島でGWを満喫…最終日は終日パジャマで過ごす

元バレーボール選手の木村沙織さんがインスタグラムを更新。鹿児島で過ごした充実の日々を綴った。

2017年3月に現役を引退して以来も、プライベートの様子をインスタグラムに積極的に投稿されている木村さん。

今年のゴールデンウィークは、2016年の大晦日に入籍した夫の日高裕次郎さん(インドアとビーチで活躍した元バレーボール選手)の地元でもある鹿児島を訪れたようだ。

・ #照国神社 ⛩ ・ ・ #鹿児島

A post shared by kimura saori (@saoriiiii819) on

大好きな場所だという霧島神宮でおみくじをしたり、照国神社を訪れたり、竹ノ内観光農園でのいちご狩りを楽しんだりと充実したひとときを過ごしていることがうかがえる。

また、「今年のGWはJじーちゃんのお誕生日をみんなでお祝いしました」とコメントを添え、家族らで撮影した幸せあふれる1枚も公開。

また、ゴールデンウィークの最終日はパジャマで終日リラックスして過ごしたという。

鹿児島での様子を綴った投稿に対して、「鹿児島はご主人の故郷ですもんね!ゆっくりしていってください」「小学生の頃から沙織さんに憧れてバレーボールしてたので鹿児島にいるってだけで感激しました!」など、相変わらずの人気ぶりを示すかのようにファンからの声が寄せられていた。

17歳で全日本代表に初招集されて以来、バレーボール界を全速力で走り続けた木村さん。

絶対的なエースとして数々の国際大会で存在感を示し、ロンドンオリンピックでは銅メダル獲得に大きく貢献した。

実力もさることながら、その美貌と抜群のスタイルで今も根強い人気を誇る。木村さんのインスタグラムには今後も要注目だ。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします