Advertisement

【MLB】CY賞左腕・スネルがジャイアンツと2年契約で合意 西地区“犬猿の仲”ドジャース打倒なるか

 

【MLB】CY賞左腕・スネルがジャイアンツと2年契約で合意 西地区“犬猿の仲”ドジャース打倒なるか
ブレイク・スネル(C)Getty Images

パドレスからFAになっていた、昨季ナ・リーグのサイヤング賞ブレイク・スネル投手が18日(日本時間19日)、ジャイアンツとの2年契約に合意した。米紙『ニューヨーク・ポスト』のジョン・ヘイマン氏ら複数の記者が一斉に報じている。

◆【画像アリ】大谷翔平、ベッツらド軍の豪華スターに水原一平通訳も家族でリラックス 専属カメラマンが“食事会ショット”公開

■狙った長期契約とはならず

スネルは昨季32試合に登板して14勝9敗、防御率2.25、ナ・リーグ2位の234奪三振をマークし、自身2度目のサイヤング賞を獲得。今オフの移籍市場では、大谷翔平投手や山本由伸投手に並ぶ目玉とされていた。

一方で、高い奪三振率とは裏腹にメジャーワーストの四球数という短所をあわせ持つため、要求額の多さも相まって、ここまで新天地が決まらず。開幕直前となって、ようやく滑り込んだかたちだ。ヘイマン記者によると、スネルは2年6200万ドル(約92億5600万円)とまさかの短期契約。今季終了後にオプトアウト(契約破棄)の権利を持つため、好成績を手に再びFAとなり大型契約を狙うと見られている。

ジャイアンツはナ・リーグ西地区でドジャースと長年ライバル関係にあり、ファン同士のいさかいも絶えない“犬猿の仲”として知られる。サイヤング賞左腕を補強し、打倒ドジャースとなるか注目だ。

◆村上宗隆がWBCで受けた大谷翔平の衝撃 圧巻打撃練習での逸話…“片膝つき本塁打”には「あの球が一番飛ぶ」

◆大谷翔平、山本由伸ら獲得のド軍は「最もクレイジー」 公式が世界一に太鼓判「明らかにやる気に満ちている」

◆“大谷翔平フィーバー”に同僚アウトマンも驚き「まるでエルビスのようだ。彼を一目見ただけで誰もが叫ぶ」

(H.Ariga/SPREAD編集部)

Advertisement