Advertisement

【MLB】「ショウヘイが絶好調だ!」5戦3発の大谷翔平に米アナリストも大興奮 “猛打賞”3号アーチで覚醒モード突入か

 

【MLB】「ショウヘイが絶好調だ!」5戦3発の大谷翔平に米アナリストも大興奮 “猛打賞”3号アーチで覚醒モード突入か
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ターゲットフィールドでのツインズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席で二塁打、6回表の第3打席にも二塁打を放ち、7回の第4打席で今季3号本塁打を放った。

◆【実際の動画】「非現実的だ」これが入るのか…!?大谷翔平、左翼への3試合ぶり3号“猛打賞”アーチ

■大谷3号に“大谷マニア”も大喜び

前日にも自己最長タイとなる4試合連続マルチ安打を放つなど、絶好調だった大谷。この日も第1打席から猛攻が続き、第4打席では3試合ぶりの3号“猛打賞アーチ”が飛び出した。

ドジャース1点リードの7回表、2死走者なしで迎えた第4打席。大谷は相手3番手ジェイ・ジャクソン投手の4球目スライダーを打ち上げると、打球は速度106.9マイル(172.0キロ)で左翼へ。やや詰まったようにも見える当たりだったが、打球は逆方向に伸びてスタンド最前列に飛び込んだ。

5戦3発と覚醒モードに突入した大谷に、国内外のファンが大盛り上がり。“大谷マニア”として知られる『FOXスポーツ』アナリストのベン・バーランダー氏も「ショウヘイ・オオタニが絶好調!!またホームランだ」と全角アルファベットで興奮を伝えた。

大谷はこの試合、4打数3安打1打点2得点と大活躍。試合はドジャースが4-2で勝利した。

◆【実際の動画】「非現実的だ」これが入るのか…!?大谷翔平、左翼への3試合ぶり3号“猛打賞”アーチ

◆“歩かされない”大谷翔平、3号アーチ含む今季初の猛打賞で勝利に貢献 直近5試合で「わずか1四球」

◆「大谷翔平は史上最高の打者」本塁打を許したカブス投手が脱帽 「彼がスイングするたびに息が止まる」と振り返る

Advertisement


(A.Kudo/SPREAD編集部)