Advertisement

【MLB】「もっと投げたかった」松井裕樹、わずか4球で退け3試合連続無失点 13日からのドジャース戦で再び“大谷翔平斬り”なるか

【MLB】「もっと投げたかった」松井裕樹、わずか4球で退け3試合連続無失点 13日からのドジャース戦で再び“大谷翔平斬り”なるか
パドレスの松井裕樹(C)ロイター/USA TODAY Sports

パドレス松井裕樹投手が10日(日本時間11日)、ペトコ・パークで行われたカブス戦に2番手として登板。打者3人をわずか4球で退け、1イニングを無失点に抑えた。3試合連続無失点で、防御率は1.23となった。

「2番右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也は4打数無安打に終わった。試合は10-2でパドレスが勝利。カブスとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

◆「アウトにするなんて信じられない!」大谷翔平の同点生還を阻止した遊撃手、“大谷ファン”の妹からクレーム受ける

■「あっという間に終わってしまった」と苦笑い

7-2で迎えた7回に2番手で登板した松井。先頭ダンスビー・スワンソン内野手に2球目を左前安打されたが、続くギャレット・クーパー内野手を中飛、ミゲル・アマヤ捕手を遊ゴロ併殺打と、いずれも初球で仕留めた。結局わずか4球でこの回を終わらせ、8回からワンディ・ペラルタ投手にマウンドを譲った。

試合後、「NHK BS」のインタビューに招かれた松井は「あっという間に終わってしまった。もっと投げたかったという気持ちもある。まあ、アウト3つ取れたので良かった」と苦笑い。その上で「まだまだ状態を上げていかないといけない。自分の持ち味である空振りが取れていない。そこを求めてやっていきたい」と意欲を見せた。

■「日本にいるみたいに過ごすことができている」

また、防御率1.23と好調をキープしている点について問われると「自分では好調だとは思っていないが、裏方さん含めて過ごしやすいように支えてくれている。日本語を話せる裏方さんもたくさんいるので、日本にいるみたいに過ごせている。それが大きいと思う」と明かし、スタッフ陣に感謝した。

今季15試合を消化した時点で早くも8試合目の登板となり、首脳陣からの信頼も厚い。「連投はないので、大事に使ってもらっていると思う。ただ、たくさん投げるのが仕事なので、名前を呼んでもらえることを意気に感じて、明後日からまた頑張っていきたいと思う」と話し、開幕カード以来となるドジャース戦へ向けて意欲を見せた。

韓国での開幕2戦目では大谷翔平投手とのメジャー初対決が実現し、右飛に打ち取った松井。貴重な左腕として、12日(同13日)からの3連戦でも再び大谷封じを託される可能性は高い。日本ファン必見のカードでどんな投球を見せるのか、注目だ。

◆山本由伸の魔球“ヨーヨーカーブ”は「希少で打てない」 元MLB投手が振り返るメジャー変化球の歴史

Advertisement


◆ヨーヨーカーブ絶賛の山本由伸が2位、「もう1人の陽気な日本投手」今永昇太は3位 公式サイトが新人王候補トップ5を発表

◆大谷翔平を本塁で刺した中継プレーに驚きの声 なぜ右翼線への打球で遊撃手コレアがカットに入ったのか……