Advertisement

【MLB】大谷翔平、ついに“因縁の地”トロントへ 敵将「ファンがどんな反応をするか興味深いね」 昨オフの移籍交渉で怪情報飛び交う

ドジャース・大谷翔平
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ワシントンDCでのナショナルズ戦を終えたドジャースは26日(日本時間27日)から始まるブルージェイズ戦に備えてトロントへ移動。その際の様子を球団公式X(旧ツイッター)が公開した。

同カードでは菊池雄星投手の登板が予定されており、大谷翔平投手との「花巻東対決」が注目されている。また、昨オフには大谷とブルージェイズは移籍交渉を行った経緯があり、現地ファンの反応も気になるところだ。

◆【実際の投稿】「またね、ショウヘイ!」大谷翔平が“スタジャン姿”で敵地トロントへ 敵将も大谷について言及「ファンがどんな反応するのか興味深い」

■公式SNSがスタジャン姿を投稿

ドジャースの公式SNSは「Happy flight to Toronto!」と記し、リラックスした表情を見せる選手たちの姿をアップした。

その中でスタジャンを着た大谷は、キャップを後ろ向きにかぶるお決まりのスタイルで登場。右手で顔を覆い撮影させまいとする1枚と、含み笑いを見せる1枚の計2枚の写真が投稿され、そこには「We see you, Shohei.(またね、翔平)」とつづられた。

ブルージェイズと言えば、昨オフFAになった大谷の移籍先候補として最後まで残っていた球団。ドジャースとの契約合意が発表される直前には「オオタニが飛行機でトロントに移動している」という情報が流れ、ブルージェイズファンが沸き立ったこともあった。結局は誤報だったが、大谷は当時について「ニュースになり、私も驚いていた。自分はその飛行機には乗っていないんだけどな、と。ファンと同じ心境だった」と振り返っていた。

■ブ軍監督「帽子を返して」とジョーク

大谷との対戦を控えたブルージェイズのジョン・シュナイダー監督は「彼はもう(契約書に)サインしてくれた?」と笑いを誘うと、「できれば、交渉の席で渡したブルージェイズの帽子を返してほしいと伝えておいてくれ」とさらにジョークを飛ばした。

その上で「まあ、彼はとんでもないプレーヤーだ。素晴らしい選手だよ。他チームのベンチにいる彼を見るのは気が進まないが、彼がどれほど優れているか、それは理解する必要があるだろう。また、ファンがどんな反応をするのか興味深いね」と話した。

同監督が話したように気になるのはファンの反応だが、デーブ・ロバーツ監督は「ショウヘイは歓待されるべきだと思う。(飛行機の件など)多くの情報が出たが、彼に非はなかった。ブルージェイズのファンに失礼なことをしたわけでもなかったし、むしろ彼は(トロントに対して)好印象を口にしていた。彼が問題なく受け入れられると期待している」と述べた。

Advertisement


トロントの街やブルージェイズという組織を気に入っていたことは大谷本人も認めており、加入を期待していたブルージェイズファンが、ドジャース入りの一報を聞いた時の落胆ぶりは想像に難くない。

MLB公式サイトは「失恋は消えていないが、悪意はない」と記したが、果たしてファンがどのような反応を見せるのか、試合の行方と同時に気になるところだ。

◆【実際の投稿】「またね、ショウヘイ!」大谷翔平が“スタジャン姿”で敵地トロントへ 敵将も大谷について言及「ファンがどんな反応するのか興味深い」

◆「大谷翔平とベッツのデュオは魔法」ド軍がファンを魅了する理由とは……「2人のショーはLAで一番熱いチケット」と米メディア

◆「大谷翔平はベールを脱ぐべきだ」敏腕記者が“秘密主義”に提言 メリット説く「騙されることはなかったかも」