Advertisement

【MLB】大谷翔平、“因縁”の地で洗礼「トロントでブーイングが巻き起こる」 圧巻の今季7号で雑音を封印

 

【MLB】大谷翔平、“因縁”の地で洗礼「トロントでブーイングが巻き起こる」 圧巻の今季7号で雑音を封印
ドジャースの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ロジャーズセンターでのブルージェイズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席に右翼への7号を放った。

◆【実際の動画】大谷翔平、“因縁”の地で洗礼「トロントでブーイングが巻き起こる」 圧巻の今季7号で雑音を封印

■オフには移籍騒動も…

大谷はエンゼルスからフリーエージェントとなった2023年オフ、各球団からの争奪戦が展開され、ドジャースとこの日の対戦相手であるブルージェイズは有力候補に挙げられていた。

その“因縁”もあってか、ブルージェイズ相手に初回の第1打席に入るとロジャーズセンターからはブーイングが巻き起こった。

そんな状況でも、好調を維持する大谷には関係なし。相手先発クリス・バシット投手の3球目のスライダーを強振すると、打球は速度96.1マイル(約154.7キロ)、360 フィート(約109.7メートル)角度37度で飛び込んだ。

いきなり鮮やかな7号を右翼スタンドへ運び、雑音を黙らせた形だ。

◆【実際の動画】大谷翔平、“因縁”の地で洗礼「トロントでブーイングが巻き起こる」 圧巻の今季7号で雑音を封印

◆【実際の動画】大谷翔平、ブルージェイズ相手に先制弾「ショウヘイ・イン・トロント」と実況も感嘆の声

◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

Advertisement