Advertisement

【MLB】大谷翔平が四球で好機演出 T.ヘルナンデスがナ・リーグ2位タイの11号満塁弾、場内騒然の劇的な一発

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平が四球で好機演出 T.ヘルナンデスがナ・リーグ2位タイの11号満塁弾、場内騒然の劇的な一発
左から大谷翔平、テオスカー・ヘルナンデス(C)ロイター

ドジャーステオスカー・ヘルナンデス外野手は11日(日本時間12日)、敵地で行われているパドレス戦に「6番左翼」で先発出場。6回の第3打席に今季11号の満塁弾を放った。

◆T.ヘルナンデス、大谷翔平に並ぶ11号満塁弾で打点はチーム最多 好成績確信の理由「ド軍と契約した時からこうなると分かっていた」

■5-0でドジャースがリード

ドジャースは初回に生まれたフレディ・フリーマン内野手のソロ本塁打のみで1点リードが続いていたが6回に試合は動いた。

好機を演出したのが大谷翔平投手。6回の第3打席にマット・ウォルドロン投手と対峙した大谷は相手の魔球、ナックルボールを見極めて四球を選ぶ。

その後も四球が2つで塁が埋まり、T.ヘルナンデス。3番手のエニエル・デロスサントスが投じた4球目のスライダーを強振。打球角度23のライナーが左翼スタンドへ。打球速度105.5マイル(約169.8キロ)、飛距離390フィート(約118.9キロ)で飛び込んだ。

T.ヘルナンデスはこれで大谷と並ぶ11号でナ・リーグ2位タイとなり、貴重な追加点をもたらした。

試合は5-0でドジャースがリードを広げ、勝利に一歩近づいている。

◆大谷翔平、パドレス第3戦は欠場濃厚も「大惨事は避けられたかもしれない」 腰の張りで途中交代、指揮官が言及

◆大谷翔平、現地記者が離脱の可能性に言及「2度のMVP受賞者に何かあれば……」 欠場濃厚も13日に状態確認へ

Advertisement


◆【実際の映像】大谷翔平の盟友が大仕事!T.ヘルナンデスが放った値千金の11号グランドスラムに場内も騒然