Advertisement

【MLB】大谷翔平、寝ている間に安打が減った 「バント安打→送球エラー」に記録訂正で打率.354から.348に

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、寝ている間に安打が減った 「バント安打→送球エラー」に記録訂正で打率.354から.348に
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手が20日(日本時間21日)のダイヤモンドバックス戦で記録したセーフティバントが、安打から投手の送球エラーに変更された。23日(同24日)MLB機構が発表した。

◆大谷翔平が固まった「ドッキリ」シーン MLB公式紹介で米ファン「彼はとてもナイスガイ」米メディアも注目

■安打製造機アラエスが肉薄

大谷はこの試合、初回の第1打席に相手左腕ジョー・マンティプリー投手の初球シンカーをセーフティバント。タイミングはアウトだったが、捕球したマンティプリーの送球が乱れて内野安打になっていた。この一本が後日送球エラーになり、今季の安打数が70本から69本に訂正された。

これで大谷の打率も.354から.348へ。依然としてナ・リーグトップではあるものの、2年連続首位打者のパドレスのルイス・アラエス内野手が.341と肉薄。シーズン序盤こそ不振に苦しんだが、マーリンズからトレード移籍後は本来の打撃が復活。直近8試合で20安打、最多安打部門でも大谷に3本差をつけてトップに立っている。今後、首位打者争いで最大のライバルになることは間違いないだろう。

◆「走者としても急成長」大谷翔平を球団公式ブログが特集、状況判断のセンスを称賛「何でもこなすスーパースター」

◆【画像アリ】大谷翔平は「あご髭を生やす友人を尊敬」 ド軍同僚と見せる微笑ましい光景に地元メディアが脚光

◆【画像アリ】ハワイの別荘に続き……大谷翔平、ロス郊外の超高級住宅街に12億円の豪邸購入 ドジャースタジアムから20分 米紙報道