「罪悪感」を気にせず食べられる?松本薫プロデュースのアイスはこだわりがすごい

2月7日、会見を開き、現役引退を発表した元柔道選手の松本薫さん。引退後の進路に「アイスクリーム屋さん」を挙げたことでも話題となった。

衝撃の引退会見から3ヶ月あまりが過ぎた。松本さんプロデュースのアイスクリーム屋さん「darcy’s(ダシーズ)」は東京富士大学五号館内にオープン。松本さんのこだわりを活かし、個性的なアイスクリームを販売している。

果たして、ダシーズのアイスクリームはどんな部分が個性的なのだろうか。

現役時代の葛藤が生んだギルトフリー

ダシーズのアイスクリームは「 ギルトフリー(罪悪感なく食べられる)」なことを大きなテーマに掲げている。白砂糖やグルテン、トランス脂肪酸といった一般的に「体に悪い」と思われる材料を使っていないため、健康志向の方やダイエット中の方も罪悪感を気にせず気軽に食べることができるというわけだ。

松本さんがギルトフリーのアイスクリームにこだわる理由は、現役時代の葛藤にある。

(c)Getty Images

ロンドン五輪で金メダルを獲得した松本さんは、帰国後に1日に4食もパフェを平らげたことがあるそう。しかし、減量やコンディション維持が重要なアスリートにとって、パフェを大量に食べることは明らかに悪影響だ。

現役時代からパフェやアイスが大好きだった松本さん。好きなのに食べられないこの葛藤に対し、「減量に適したアイスがあったら良いのに」と思ったことがきっかけで、 自分が理想とするアイスクリーム屋さんをプロデュースするという解決法を思いついたのだという。

ヴィーガンでも食べられるアイスクリーム

アイスクリームの原材料として重要なものといえば、牛乳やバターといった動物性などの乳製品。しかし、ダシーズのアイスクリームはこれらの不使用を掲げている。そのため、アイスクリームであるにもかかわらず、ウィーガンの方でも問題なく食べられるというから驚きだ。

牛乳やバターの代わりに用いられるのは、こだわりぬいて選んだココナッツミルク。ダシーズの公式サイトでも、何度も試作を繰り返して厳選したオーガニックのココナッツミルクを使用していることが語られている。

ちなみに、ダシーズの公式インスタグラムが最初に投稿した写真もこの「ココナッツミルク」のもの。第1回目の投稿に選ぶあたりから、底知れぬココナッツミルクへのこだわりが感じられる。

この投稿には「食べたいけど、食べられない。でもやっぱり食べたい。」と多くの人々がアイスクリームに対して抱えるであろう葛藤がポエム調に添えられている。ココナッツミルクへのこだわりは、ダシーズの根底を支える思想が込められているようだ。

再オープンは6月以降?

さて、そんなダシーズだが、5月28日現在は店舗改装中。これは、店舗の入る東京富士大学が大規模な改修工事に入ったためだ。

リニューアルオープンは5月中旬とアナウンスされていたが、追加工事等の関係もあり、ややずれ込むとのこと。 6月初旬には再びリニューアルオープンの日程がアナウンスされるとのことなので、ぜひ公式ホームページやSNS等で情報を追ってほしい。

≪関連記事≫

引退会見の野獣・松本薫が「美人になった」と話題に!「野獣感が全くない」

吉田沙保里「引退後、いきなりマクドナルドのCEOができるとは…」と感慨深げ

目指すは五輪4連覇!“柔道界次世代スター”阿部一二三選手の意外な素顔とは?

「ヤクルト川端の妹」という看板を背負い続けた川端友紀 女子プロ野球から引退を決めたわけ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします