【MLB】大谷翔平、今季最長20号でド軍史上3人目に名を刻む「まだ6月中旬」 公式記者が440フィート超えの記録に注目

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、今季最長20号でド軍史上3人目に名を刻む「まだ6月中旬」 公式記者が440フィート超えの記録に注目
ドジャース・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地クアーズフィールドでのロッキーズ戦に「1番DH」で先発出場。6回の第3打席に今季20号本塁打を放った。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、今季メジャー最長“145メートル”20号アーチでリーグトップタイに 「魂を打ち砕いた」

■中堅に飛び込む驚愕の一打

前日の試合では、5打数3安打1打点1四球1盗塁の大暴れを見せた大谷。この日も好調を維持したまま節目の数字に到達した。

6回表、無死走者なしで迎えた第3打席。大谷は相手先発オースティン・ゴンバー投手の3球目スライダーをフルスイング。速度113マイル(約181.8キロ)、角度30度の打球が中堅最深部へ。飛距離476フィート(約145メートル)の打球は今季のメジャー最長飛距離を記録した。

MLB公式のサラ・ラングス記者によると、大谷の440フィート(134.1メートル)超えの本塁打は今季早くも6本目。

データ解析ツール『Statcast』が導入された2015年以降にシーズン6本以上を記録したドジャースの選手は2人しかおらず、ジョク・ピーダーソン外野手の7本と2018年のヤシエル・プイグ外野手の6本のみ。ラングス記者も「まだ6月中旬」と、早くもプイグの記録に並んだことに触れている。

ドジャースの歴史に名を刻む大谷のパワー。まだシーズンは残されており、さらなる記録更新にも注目が集まる。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、今季メジャー最長“145メートル”20号アーチでリーグトップタイに 「魂を打ち砕いた」

◆「神様オオタニ」大谷翔平、驚愕の今季最長弾に“マニア”も最敬礼 今季20号の145メートル弾に「絶対的ムーンショット」

Advertisement


◆「距離が信じられない」大谷翔平、驚愕の今季最長145メートル弾に現地記者も感嘆 「オオタニは1番が得意」と称賛