【七夕賞/前日オッズ】単勝4倍以上の1人気は全滅 手頃ハンデの“想定2桁人気”に好走率アップ条件該当

七夕賞2024の枠順
七夕賞2024の枠順

JRAは6日、60回七夕賞(GIII、芝2000m)の前日最終オッズを発表した。

重賞初Vを目指すキングズパレス(牡5、美浦・戸田博文厩舎)が単勝3.9倍で1番人気、重賞初挑戦となるレッドラディエンス(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が単勝4.2倍で2番人気。

以下、リフレーミング(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)が単勝5.6倍で3番人気、ボーンディスウェイ(牡5、美浦・牧光二厩舎)が単勝8.0倍で4番人気と、ここまでが10倍以下。

◆【七夕賞2024予想】芸能人・予想家の本命・注目馬予想まとめ 「伏兵」指名で重賞連勝中!気になる今週の◎は?

■伏兵は手頃なハンデに警戒

過去10年、1番人気が【1.1.1.7】。好走を果たしたのはすべて単勝オッズ3倍台で【1.1.1.0】とパーフェクト。逆に4.0倍以上は【0.0.0.5】なので、キングズパレスが当日も3倍台のままなら信頼度アップ、混戦を極めて4倍以上になるなら危険かもしれない。一方、2、3番人気が合わせて6勝を挙げており、リフレーミングやレッドラディエンスの逆転は十分あるだろう。

単勝10.0~29.9倍は【2.5.5.50】で毎年少なくとも1頭が馬券に絡む。このうち斤量56.5キロ以上が【0.0.0.16】と結果が出ていない。また、前走より斤量が減った馬は【1.2.4.17】複勝率29.2%、複勝回収値139。今回増減なしまたは増えた馬は【1.3.1.33】複勝率13.2%、複勝回収値65なので、伏兵はあまり斤量を背負っていない馬が狙いだ。昨年5着のレッドランメルトは立ち回り次第でチャンスがありそう。

また2桁人気馬は3着が5回あるが、好走馬は6枠まで。小回りコースなので外枠だとやはり厳しい傾向だ。ここでもレッドランメルが好条件に該当する。当日29.9倍以下なら押さえておきたい。

馬連は(4)レッドラディエンス-(11)キングズパレスが7.8倍、3連複は(4)レッドラディエンス-(10)リフレーミング-(11)キングズパレスが13.1倍、3連単は(4)レッドラディエンス→(11)キングズパレス→(10)リフレーミングが54.1倍で1番人気。キングズパレスが絡まない3連単は(4)レッドラディエンス→(10)リフレーミング→(3)ボーンディスウェイの組み合わせで131.0倍となっている。

■6日・前日最終オッズ

人気馬名単勝
1キングズパレス3.9
2レッドラディエンス4.2
3リフレーミング5.6
4ボーンディスウェイ8.0
5アラタ12.8
6ノッキングポイント16.1
7カレンルシェルブル16.7
8バビット19.2
9セイウンプラチナ19.9
10フェーングロッテン22.6
11レッドランメルト31.3
12ダンディズム31.6
13ダンテスヴュー41.2
14ノースザワールド55.0
15ダンテスヴュー109.3

※出馬表・結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。

Advertisement


◆【七夕賞2024予想/追い切り診断】5歳世代の一角に最高評価「S」 充実ぶり著しく抜群の攻め気配で「2年前の憂さ晴らし」

◆【七夕賞2024予想/大口投票パトロール】キングズパレスの複勝に100万円か 有力馬の一角にも「高額投資」あり

◆【七夕賞2024予想/穴馬アナライズvol.2】「馬柱に重大なヒントあり、荒れるレースの刺客に急浮上」 想定“6人気”前後の伏兵