【MLB】「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「素晴らしい絆」大谷翔平、“仲良し”ド軍同僚との交流に現地メディア注目 関係性の変化にも言及「LAに来てからさらに親密」
左から大谷翔平、テオスカー・ヘルナンデス(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は移籍1年目の今季安定した打撃で本塁打王争いトップに立ち、三冠王を狙える立場にいるなど絶大な存在感を放っている。

ドジャースの地元メディアはそんな大谷とチームメイトの良好な関係性に言及し、交流シーンをまとめている。

◆大谷翔平、米データ社が言及した「50-30」の可能性 トリプルスリーにボンズ氏らに並ぶ6人目の快挙も射程圏内

■キャンプから交流が話題に

大谷とキャンプ時から交流が伝えられてきたのがテオスカー・ヘルナンデス外野手。大谷とは強力打線を形成するが、ベンチや本塁打時に祝福しあう場面がたびたび報じられてきた。

ドジャースの地元メディア『ドジャース・ネーション』のX(旧ツイッター)は大谷とT.ヘルナンデスとの交流シーンをまとめて投稿。「ドジャースのいつものデュオだ」と言及している。

また動画では大谷がエンゼルス時代のオールスター出場時にもT.ヘルナンデスと会話を交わしていたことに触れ、「ショウヘイ・オオタニとテオスカー・ヘルナンデスは昔から素晴らしい絆で結ばれており、LAに来てからさらに親密になった」とチームメイトになりより関係性が深まったと報じている。

大谷が5日(日本時間6日)終了時点でリーグ首位の27本塁打、T.ヘルナンデスが同5位の19本塁打と2人で46発を量産する両者のグラウンド内外での共闘には注目が集まる。

◆【実際の映像】大谷翔平が“仲良し”ド軍同僚と築く関係「素晴らしい絆」地元メディアも注目のT.ヘルナンデスとの交流シーン

◆大谷翔平、米データ社が言及した「50-30」の可能性 トリプルスリーにボンズ氏らに並ぶ6人目の快挙も射程圏内

Advertisement


◆大谷翔平がジャッジを超えたナンバーワンの“スイング完成度” 公式データが示す新指標「ブラスト」とは