競泳・入江陵介、大谷翔平の応援でアメリカへ…競技は違えど「良い刺激になりました」

競泳の入江陵介選手がインスタグラムを更新。エンゼルスの大谷翔平投手を応援するため、同チームの本拠地であるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムを訪れたことを報告した。

「エンゼルスの大谷翔平選手の応援にUS 見応えある面白い試合でした!」「いつか会えることを願って僕も頑張ります」とコメントを添え、エンゼルスカラーの赤いパーカーを着用して観戦する自身の写真を公開。

「会場の雰囲気、本当に実力も人気も信頼もある素晴らしい選手だと感じ、良い刺激になりました」と続け、競技は違えどアスリートとして良い刺激を受けたことを明かした。

また、「次はマエケンさんの応援に」ともコメント。親交のあるドジャース・前田健太投手の応援にも駆けつけることを示唆した。

ファンからは、「赤似合いますねー」「カッコイイです!サングラス姿素敵です」「入江さんなら大谷くんに直ぐに会えちゃうのではないですか?」「大谷選手は実力も人間性も素晴らしいですよね。 もちろん入江くんも!」など、多くの声が寄せられていた。

同日、ツインズ戦に先発した大谷投手は7回途中無失点の好投を見せ、今季2度目の二桁となる11奪三振をマーク。勝敗はつかずともファンからの大喝采を浴びていた。

日本選手権で2年ぶりの王者に返り咲いた

入江選手は4月7日に行われた男子200メートル背泳ぎ決勝で2年ぶりの王者に返り咲き、8月に開催されるパンパシフィック選手権の代表にも決まった。

競泳界は若手の台頭が著しいが、まだまだ覇権を渡すつもりはない。東京五輪も見据えており、今後の活躍に注目だ。

(c)Getty Images

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします