Jリーグの日に振り返る25年間 「#もしJリーグがなかったら」…ファンやクラブ公式が投稿

日本でサッカーのプロリーグが誕生してから四半世紀が経った。

5月15日に節目の25周年を迎えたJリーグは、特設ページを公開するとともにSNSで「#もしJリーグがなかったら」というお題で、ファンからJリーグにまつわる投稿を募集している。

Jリーグで人生が変わった

25年という期間は様々な人の人生に影響を与え、その動向を左右するには十分だったようだ。

もしJリーグがなければ週末の楽しみがなく、地方に出かけることもなければ、自分の出身地に興味も持てなかっただろうとの声が多い。

サッカーを知らないままだったかも

やはりJリーグ(プロ選手)の存在がサッカー普及に果たした貢献は大きいようで、もしJリーグがなければサッカーを始めていなかったし、ルールすら知らないままだったかもしれないという声もある。

クラブ公式も参加

「#もしJリーグがなかったら」には、クラブの公式ツイッターも参加している。

ガンバ大阪は「ピンクに過敏にならなかったかもしれない」とツイート。同じ大阪を本拠地にするセレッソ大阪のチームカラーを意識したものだ。

これに対してセレッソ大阪は、「ガンバ大阪という最高のライバルと一緒に大阪を盛り上げることができなかったかもしれない」と返している。

またサンフレッチェ広島は、25年前と現在のマスコットキャラクター・サンチェの写真を載せて、「きっとサンチェは整形していなかった」と変貌ぶりをネタにした。

昔のサンチェは目つきが鋭く吊り上がっており、ツキノワグマらしい荒々しさが見られる。

それに対して現在のサンチェは丸い大きな目が愛らしく、頭部全体のパーツから角が取れ丸っこいデザインになっている。

それでいて体型はズングリムックリしていた25年前から痩せて、むしろ若返っているようだ。

伝説の開幕戦が無料公開

Jリーグの放映権を持つDAZNは25周年を記念して、1993年に国立競技場で行われたヴェルディ川崎対横浜マリノスの開幕戦を、YouTube公式チャンネルで1ヶ月間無料配信している。

日本代表も多く在籍した両チームの試合は、リーグ初期を代表するカードだった。当時を知るファンも新しいファンも、これを機会に観てみてはどうだろう。

 

Jリーガー達が過ごした母の日…感謝の仕方から見えてくる個性や人柄