ケンブリッジ飛鳥、村田諒太らがオープニングイベントに登場 幻想的なLEDコートでスポーツを楽しむ「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」

ナイキジャパンは、LEDディスプレイで制作されたスポーツ用コート「LEDコート」で、様々なスポーツを楽しめるイベント「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」を、東京都渋谷区にて8月25日~8月31日の期間限定で開催している。

8月25日に行われたオープニングイベントには、陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥選手や、ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太選手など、現役のアスリートたちもゲストとして登場し、会場を盛り上げた。

幻想的なLEDコートでスポーツを楽しむ

「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」では、“IF YOU HAVE A BODY, YOU ARE AN ATHLETE(身体さえあれば誰もがアスリートである)”という理念のもと、様々なスポーツを誰でも無料で体験することができる。LEDコートの特性を活かした特別なルールや幻想的な演出も魅力だ。

体験できる競技は9種。パラリンピック種目にもなっているボッチャをLEDコートのサイバーな演出の中で行う「サイバーボッチャ」。VR空間に再現された東京の町並みを陸上競技用の車いすで駆け抜ける「サイバーウィル」。渋谷の街を綺麗にしながらランニングを楽しむ「プロギング」「フットサル」ではゴールの位置がランダムで変化する独自のルールを採用。「バスケットボール」「車いすバスケ」では、残り1分を切った段階で3ポイントラインが登場し、後半での大逆転が狙える。

また、バスケットボール、車椅子バスケ、フットサルの3競技では、女性がゴールを決めた際の得点が2倍となっており、男女混成でのプレーも楽しめる。

オープニングイベントには現役のアスリートたちが登場

オープニングイベントには、ケンブリッジ選手、村田選手の他、車椅子陸上の鈴木朋樹選手、女子サッカーの清水梨紗選手と籾木結花選手らがゲストとして登場。実際に競技を体験した。

男女別のチームに分かれてサイバーボッチャをプレーした際には、はじめての競技に戸惑いを見せたゲストたちだったが、そこは現役のアスリート。2投、3投と繰り返すうちにコツをつかみ、会場に詰めかけた多くのギャラリーを沸かせていた。

参加を希望する場合はホームページをチェック

「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」の開催期間は8月25日(日)から8月31日(土)の1週間。誰でも参加できるが、体験できるスポーツは日程ごとに異なり、競技によっては予約が必要なものもある。ホームページを事前に確認しよう。

TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA

≪関連記事≫
ケンブリッジ飛鳥、村田諒太らが「サイバーボッチャ」「サイバーウィル」で対戦 「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします