ラファエル・ナダル、ATPファイナルズに出場の意向 「3位より2位、2位より1位でいたい」

男子テニスのラファエル・ナダル選手は、年間獲得ポイント上位8選手で争う今季最終戦『ATPファイナルズ』に出場する意向であることを明かした。同大会は11月10日からロンドンで開催される。

11月4日付けの世界ランキングで、1年ぶりとなる1位浮上を果たしたナダル選手。だが11月2日には『パリ・マスターズ』の準決勝を腹筋の負傷により棄権し、ATPファイナルズへの出場も危ぶまれていた。

そんな中、ナダル選手は5日にツイッターを更新し、ATPファイナルズ出場のためロンドンに向かったと発表。日曜日の開幕に向け「木曜か金曜にはサーブの練習を再開する」と調整プランにも言及した。

「世界1位で1年を終えるのは特別」

現在世界ランキング1位の座に立つナダル選手だが、ノバク・ジョコビッチ選手が僅差で2位につけ、ATPファイナルズの結果次第では順位が入れ替わる可能性も残る。

この状況にナダル選手は「3位より2位、2位より1位でいたい」とした上で、「世界1位で1年を終えるのは特別なこと。それを実現したい」とコメント。今季最終戦に強い決意で臨む。

≪関連記事≫

新内閣発足?ラファエル・ナダルや錦織圭らトップテニスプレイヤーがモナコ王宮を訪問

【全豪オープン】ナダルが”強すぎる”と話題に…準々決勝の相手は5年前に打ち合った21歳・ティアフォー

フェデラーとナダルが2ショット投稿で「最強ダブルス」再結成を予告!!

ラファエル・ナダル、チャーター料数百万円のラグジュアリーヨットで過ごすオフを公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします