フィテッセ加入の本田圭佑、香川真司からのエールにスペイン語で返信 東京五輪にも意欲

元サッカー日本代表MF本田圭佑選手がオランダ1部リーグのフィテッセと契約した。2008年1月に名古屋グランパスからオランダのVVVフェンロに移籍し海外でのプレーを始めた本田選手は、思い出の地で再スタートを切ることになった。

日本代表で長く一緒にプレーした香川真司選手も、本田選手のフィテッセ加入を祝福。スペイン2部のレアル・サラゴサに所属する香川選手が、スペイン語で「Vamos(頑張れ)」とエールを送ると、本田選手も「Gracias amigo!(ありがとう友よ!)」とスペイン語で返した。

本田圭佑が改めて東京五輪オーバーエイジ枠に名乗り

本田選手は11月6日に「オランダのフィテッセでプレーします!さー気張ってきます!」とツイッターを更新。英語で意気込みを語るビデオメッセージも公開した。

「みなさんこんにちは。本田圭佑です。先ほどフィテッセと契約しました。このチームの一員になれることを誇りに思います。チームのためにベストを尽くしたいです。早くプレーしたくて待ちきれません」

これまで「東京五輪にオーバーエイジ枠で出場したい」と目標を語ってきた本田選手は、今回のビデオメッセージでも改めて「2020年の東京五輪でプレーしたい。そのためには良いパフォーマンスを見せなければなりません」と意欲を見せた。

去就が注目されてきた本田選手のフィテッセ入団にファンからも喜びの声が溢れている。

  • またピッチで戦う本田選手を観れる喜び
  • 本田圭佑さんのプレイする姿を心待ちにしておりました
  • 早くフィテッセでプレーする本田さんが見たいです!

≪関連記事≫

本田圭佑が「僕にサッカーを教わりたい人」を募集!槙野・長友らも本気で応募する

「完璧主義を捨てる」本田圭佑が困難に直面した時の考え方

本田圭佑の前で「あざっした!」渡大生のインタビューがカオス

香川真司の防災グッズは「サッカーボール」その理由とは?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします