【メイキング写真多数】羽生結弦、『ホットガーナ』新CMで“昔の自分”と共演 撮影現場レポート&撮影後インタビュー

株式会社ロッテは、フィギュアスケートの羽生結弦選手が出演する『ガーナミルクチョコレート』の新TV-CM、『母ごころ』篇を制作。11月22日(金)より全国でオンエアを開始する。

今回の新CMは親が我が子に、羽生選手が視聴者に向け、ガーナで作ったホットチョコレート『ホットガーナ』を笑顔で勧めるという内容。

「なんてったって、うちの子が一番。だから今日も甘やかしちゃおう!ガーナでね」というナレーションの通り、親子の愛がテーマ

また羽生選手が小学4年生の時に初めて出場して優勝した全国大会『全日本ノービスB』の様子もワンカット映し出されており、ファン必見のCMとなっている。

羽生結弦監修のオリジナルマドラーが当たるキャンペーンを実施

本CMのオンエアに伴い、羽生選手監修のオリジナルマドラー『ゆづ&こゆづマドラー』が当たるキャンペーン『#愛が爆盛りホットガーナキャンペーン』も11月22日(金)よりスタートする。

『ゆづ&こゆづマドラー』は羽生選手が「めちゃめちゃ忘れられない衣装です」と語る、思い出深い衣装をモチーフにしたデザインに仕上がっている。

#愛が爆盛りホットガーナキャンペーン

期間:2019年11月22日(金)~2020年1月31日(金)

応募方法:TwitterまたはInstagramのガーナ公式SNSアカウント(@ghana_recipe)をフォローした上で、&愛が爆盛りなホットガーナの画像とハッシュタグ「#愛が爆盛りホットガーナ」をつけて投稿
※必ずしも量が大盛りになっていなくても、愛が込められていれば応募可能とのこと

当選景品:羽生選手監修『ゆづ&こゆづ ペアマドラー』500名 / 『ロッテチョコレート詰め合わせ』300名

羽生結弦 撮影現場レポート

撮影当日、羽生選手は真っ赤なセーター姿でスタジオ入り。監督や各スタッフに「よろしくおねがいします!」としっかりお辞儀をした後、撮影に臨んだ。

2シーンの登場だが、ひとつひとつの細かい仕草に関しても積極的に監督へ相談。時には自ら動きを提案し、より良い作品にしようという姿勢が見られたという。

普段からリラックスしたい時にホットガーナを飲んでいる羽生選手。ソファの上でホットガーナを一口飲むシーンの撮影では、カメラの前で試しにホットガーナをすすり、ホッと一息。

すると監督から「いいね!」と好反応。これに羽生選手も「もう出来ちゃった!?(笑)」とドヤ顔を見せた。しかし監督から細かい指示が入ると羽生選手の目は真剣そのものに。その後も最後まで丁寧に演じ切った。

撮影終了後も各スタッフへの丁寧なお辞儀を忘れず、拍手で見送られながらスタジオを後にした。

『こゆづ』マドラーの衣装は「僕が一番、自信に満ち溢れていた時の衣装」

『#愛が爆盛りホットガーナキャンペーン』の当選景品『ゆづ&こゆづマドラー』のうち、『こゆづ』の衣装デザインは羽生選手自らが選んだ。

衣装選びに際し、羽生選手は衣装への思い出や当時の出来事について語った。

――(スタッフ)衣装デザイン候補を数パターンご用意しました。

羽生結弦選手(以下、敬称略):これが良いかな!

――即答ですね(笑)理由を教えてください。

羽生:僕が初めて、全日本クラスの試合に出場して優勝した時の衣装です。……僕が一番、自信に満ち溢れていた時です(笑)。今以上に、自信がありました。

自分にとっては、この頃の自分が心の中にいて、“頑張れよ”って言っている気がします。だから、これかな。

――少し懐かしそうに衣装デザインを見つめていますね。ちなみに、当時何歳だったのでしょうか。

羽生:この衣装は、8歳から10歳の時です。この頃は一番練習が嫌いでした(笑) ただ自信はありました。試合に出れば絶対に勝てると思ってました。

――最後に、衣装へのこだわりは?

羽生:やっぱり曲に合っていないといけないですし、物語も自分の中では作るんですけど、(自分が作った物語の世界観をデザイナーへ)押し付けることはしないです。曲とテーマに沿ったものであることに気をつけています。

なので、デザインに関しては(そこまで細かくなく)ざっくりと見ますけど、最終的に自分で着て動けるかどうかに関しては、やはり競技者として一番(デザイナーへ)自分の意見が出ますね。

ホットガーナづくりに挑戦 「こういう特別な時は、本気でやります!」

『#愛が爆盛りホットガーナキャンペーン』は、一般の人たちが「愛が溢れる」トッピング・盛り付けを施したホットガーナの画像を、SNSで発信してもらう企画。

今回は羽生選手も、ファンに向けた『愛が爆盛りホットガーナ』作りに挑戦した。

――それでは、ファンの方々へプレゼントするコンセプトで、お作りいただけたらと思います!

羽生:……(緊張した様子で、袖をまくりながら、コクリと頷く)。

――今マシュマロをホットガーナの上に乗せていますが、よく飲み物とかにトッピングしますか?

羽生:しないですね。面倒くさがりやなので(笑) だから、ホットガーナは、チンするだけなので、そのラクチンさは良いですよね。でも、このような特別な時は本気でやります!

――(8割ほど盛り付けが終わり)チョコレートソースとクッキーを載せる前に、ちゃんと構成を見直すんですね。

羽生:ちゃんと(構成を)練ってからのほうが良いですよね。……うわ、激ムズだ! 大丈夫かな……。

(その後も、しばし無言で真剣に仕上げに取り組む)

……本当に!? 本当に大丈夫!?(独り言)

――バッチリですよ!

羽生:……(少し足りなかったのか、アクセントに砕いたくるみを黙々と載せる)

――いかがでしょうか?

羽生:……ハイ! 完成しましたー!

――(周囲のスタッフから、その出来栄えに大きな拍手)……ちなみに今回お作りいただいた『愛が爆盛りホットガーナ』、技術点と構成点は、何点でしょうか。

羽生:TES(技術点)65点、PCS(演技構成点)は、ちょっと盛ったから73点くらい。138点!ちなみに私の歴代最高記録は、220点。だから、相当低い!(笑)

――最後に撮影スタッフ一同からも、羽生選手へ作った『愛が爆盛りホットガーナ』をプレゼントさせていただきます!

羽生:有難うございます! いただきます!(一口飲んだ際に、鼻に生クリームがついてしまう) これ、24歳的にどうなんだろ? セーフ?(笑)

羽生結弦 撮影後インタビュー

Q1.今回のCMタイトルは「母ごころ」篇です。羽生選手が子供の頃、お母さんとのどんな思い出がありますか?

羽生:食べるのがすごく遅くかったんですよ。あと、いっぱい(量)は食べれなくて。食べなさいってよく言われてた記憶があります(笑) 「これもちゃんと食べなさいね」という感じで、お世話してもらった記憶が強いですね。

Q2.CMでは、子どもたちの楽しげな様子も映されています。羽生選手は、スケート教室で子どもたちが滑っている時のどんな姿が一番好きですか?

羽生:やっぱり一生懸命な姿ですね。(スケート教室で)最初はあまり集中できていなくて、(子どもたちは)ワチャワチャとはしゃいだりして大変なんですけど、スイッチが入ると一生懸命やるんですよね。その瞬間がカワイイと思いますし、そういう時に背中を押してあげたいなっていう親心みたいなものにもなります。

(自分にとっても、子どもたちの姿は)原点回帰というか、自分の気持ちの中にずっと幼い頃の自分がいて。自分が昔、一生懸命やっていたのを覚えているので、その子(幼い頃の羽生選手)に対して、自分も真摯に向き合わないとなと思いながら、練習するようにしています。

Q3.振り返ってみると、幼少期と少年期、羽生選手はフィギュアスケートに対して、どのように取り組まれていたのでしょうか。

羽生:始めたての頃は、とにかく姉についていこうと練習していました。(始めたのは)4歳だったので、そんなに記憶も定かじゃないんですけれど、とにかく最初は姉に追いつこうと思っていました。

その後、だんだん先生が厳しくなって、すごく練習したくなくて(笑)、毎日毎日泣いて、「スケートやめたい」って言っていた記憶があります。

(先生が本当に厳しいのは)期待してくださっていたからだと今は分かるんですけど、当時の自分にとっては、「なんでこんなに怒られないといけないんだろう」と思いながら練習していました(笑)。

Q4.青年期では、フィギュアスケートに対してどのように取り組んでいましたでしょうか。

羽生: その頃はやっぱり、自分のリンクが無くなったり出来たり、また無くなったりみたいなことを何回か繰り返していたので、練習の大切さを改めて感じていました。

練習に対して、真面目に、積極的に取り組むようになっていましたし、日本代表としての気持ちが強くなっていて。日本代表のジュニアの選手として、そしてシニア(クラス)上がりたての選手としての自覚は、芽生えていたかなと思います。

Q5.昔と今で、大会に出場する上で変わらない、自分だけのルールや心がけていることはありますでしょうか。

羽生:「勝ちたい」、「全力でやりきる」という気持ちの部分とか。そこは、昔から変わらないと思います。

Q6.会場内でのファンの方々からの声援は、子供の頃、どのような心境で受け止めていたのでしょうか。

羽生:幸せで仕方がなかった。練習では怒られますし、辛かったし、「やりたくない!」と思っていたんですけれど(笑)、試合になると、みんなが自分のことだけを見てくれる。

そこで応援されるっていうのがすっごく気持ち良くて。だからスケートに惹かれていったんだと思うんですよね。今よりも昔のほうが思っていたかもしれません。「みんな見てくれ!」って思いながら滑っていました。

Q7.「チンするだけ!」のホットガーナを、羽生選手は練習の拠点先でリラックスしたい時に楽しまれていると聞きました。他に、オフの時間でリラックスしたい時に何がしたいでしょうか。

羽生:……考えてみたら、ゲームと音楽鑑賞しか思い浮かばない(笑) 4歳からスケートをやっていたので、なかなか学校帰りにみんなと遊ぶという環境にいなかったです。

また土曜と日曜も朝から練習していたので、外で遊ぶきっかけがありませんでした。家でゲームしたりとか、家族とテレビを観たりという環境しかなく、それが今も心地良く続いているかなって思います!

Q8.羽生選手がガーナミルクチョコレートのCMに初めて参加されて、6年目を迎えました。羽生選手にとって、ガーナミルクチョコレート、そしてホットガーナとはどんな存在でしょうか。

羽生:勉強している時やスケートをしている時など、ちょっとエネルギーが足りなくなった際には、昔から(食べて)よく補給させていただいてました(笑)

今は、CMに出演させていただいているから食べている、ということもあるかもしれないのですが、それ以上に、昔から積極的に食べさせてもらっているので、僕自身も色々な力をいただいているなと改めて感じています。

~番外編~「初体験です!」 自ら『SNS映え』を狙った撮影に挑戦

自分が作成したホットガーナを撮影しSNSに投稿する『#愛が爆盛りホットガーナ』キャンペーンにちなみ、羽生選手も自ら作成したホットガーナを撮影した。

しっかりフォーカスも調整。

撮影:羽生結弦選手

スタッフに「見て見てー!」と本人も楽しんでいた様子

最後は自撮りでパシャリ。撮影:羽生結弦選手

『画映え』する写真になるよう撮影することは「初体験です!」と話す羽生選手。

恥ずかしい!(笑)」と途中で照れながらも、携帯電話を手にすると「ここでフォーカスを当てて……」と真剣な表情に。夢中になって取り組んだ。

商品概要

商品名:ガーナミルク

発売地区 :全国

内容量 :50g

価格 :オープン価格(想定小売価格110円前後(税抜))

「愛だナ。ガーナ」

口どけなめらかなミルクチョコレート。厳選したカカオの芳醇でスッキリとしたカカオ感と、コクのあるミルク感とが織りなすおいしさは、カカオにこだわるロッテだけの味わい。

なめらかなので手づくりに使ってもおいしい。ふとした時に食べても、手づくりスイーツの材料に使っても、相性抜群のチョコレート。

≪関連記事≫

羽生結弦、スケートカナダ初優勝に「やっとここで勝てた」 インタビュー動画が公開

こだわり抜かれた「SEIMEI」衣装チャームも 「羽生結弦プレミアムセット ~One and Only~」発売決定

【メイキング写真多数】羽生結弦の演技は「完璧でございます!」 『ガーナエクセレント』新WEB動画が公開

「集中力はゲームで養われる」「凛とした女性がタイプ」羽生結弦のプライベートの過ごし方や理想の女性像は?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします