カレン・チェンは3年ぶりのNHK杯出場 怪我を乗り越え、心境にも大きな変化

11月22日からフィギュアスケートのNHK杯が開幕する。3年ぶりの出場となる米国のカレン・チェン選手はインスタグラムを更新して、この大会に戻ってこられることに興奮していると綴った。

投稿には3年前のNHK杯で滑ったときの写真も添えられている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

excited to be back in Sapporo for #NHKTrophy! ✨ (swipe for a #tbt pic from NHK 3 years ago!)

Karen Chen(@karebearsk8)がシェアした投稿 –

ケガを乗り越え、緊張から解放

チェン選手は台湾出身の両親の元に生まれた台湾系華僑。4歳からスケートを始め6歳から本格的に競技を開始した。これまで米国代表として数々の大会に出場している。

2016-17シーズンには全米選手権で優勝。このときはショートプログラムで米国記録となる72.82点を出した。しかし昨季は右足の疲労骨折のためグランプリシリーズを欠場。ほとんど大会出場がなくケガの治療に専念する1年となった。

(c)Getty Images

今季のスケートアメリカで2年ぶりにグランプリシリーズへ復帰したチェン選手は、最近のインタビューで心境に大きな変化があったと語っている。

「以前の私は大会でいつも緊張していました。いつも緊張して不安でした。だけどスケートアメリカでは違いました」

スケートアメリカは直前に風邪で体調を崩したことも響き8位。大学生になったチェン選手は学業と競技の両立に難しさがあったと話す。

「自分の思うようなスケートはできませんでしたが、あの大会では多くの学びがありました。それを踏まえてNHK杯に向けた準備をしてきました」

(c)Getty Images

参考:https://usfigureskatingfanzone.com/news/2019/11/20/rinkside-karen-chen-heads-to-nhk-trophy-more-balanced-and-in-her-groove.aspx

≪関連記事≫

羽生結弦、NHK杯を前に動画メッセージ「1日、1日を大事にして頑張っていきます」

島田高志郎、NHK杯でのアピールポイントは“花”「自分なりの花を咲かせたい」

山下真瑚、NHK杯は「できることを全力で」 負傷での調整遅れに懸念もベストを尽くす

ジェイソン・ブラウン、NHK杯出場を前に日本語でメッセージ「みなさんに会える事、楽しみにしています」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします