村田諒太がスティーブン・バトラーに勝利 次戦は「リアルな試合」を希望

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが12月23日に行われ、王者の村田諒太選手が同級8位のスティーブン・バトラー選手に5回TKO勝ちして初防衛に成功した。

バトラー選手は試合が決まった時点ではWBOの同級ランク1位に君臨し、指名挑戦試合でWBOタイトルに挑戦する可能性もあった。

そんな若手のホープを一蹴した試合後に、村田選手は「リアルな相手とやりたい」とトップ選手との試合を熱望した。

調子が良すぎて倒してやろうと空回り

バトラー選手は村田選手のことをよく研究していた。王者の強打を恐れることなく打ち合い、村田選手の右の打ち終わりに自分の右を返していく。バトラー選手のキレ味ある右が何度か村田選手の顔面を捉え、左まぶたが痛々しく腫れる。

だが経験で勝る村田選手は、プレッシャーをかけながら徐々にバトラー選手を追い詰め、最後は得意の右ストレートから左のフックで倒した

試合後のリングインタビューで村田選手は「控え室で調子が良すぎて、これなら倒せるという気持ちがどうしても湧いてしまって、序盤空回りしてヤバいと思った」と苦笑い。

バトラー選手と実際に拳を交えた印象は「ジャブが思ったより強くてビックリしました」とのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

無事に勝てました! 応援ありがとうございました! 体を回復させて次戦に備えます。 @hublot @hublot_japan #Hublot #ウブロ #PR

Ryota Murata 村田諒太(@ryota_murata_official)がシェアした投稿 –

2020年は「リアルな」トップ選手と対決

今後について尋ねられると「勝ったあとは気が大きくなるので、あまり言うことじゃないんですけど」としながらも、軽量級のレジェンドだったノニト・ドネア選手と戦った井上尚弥選手を引き合いに出し「みんな思ったと思うんですけど、リアルと戦って欲しいと思うんですよ。だから会長、リアルな試合をお願いします」と強敵とのマッチメークを志願した

村田選手は2018年10月の防衛戦でロブ・ブラント選手に敗れWBA王座を失ったが、今年7月の再戦で快勝してベルトを取り戻した

若手のホープと謳われたバトラー選手に勝利したことで、WBA世界ミドル級スーパー・WBC世界ミドル級フランチャイズ王者のサウル・アルバレス選手や、以前から村田選手が目標に挙げてきたIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン選手とのビッグマッチプランが再浮上した。

敗戦のバトラー「この戦いから多くのことを学ぶ」

試合に敗れたバトラー選手は予定していた会見に姿を見せなかった。関係者によれば「身体は問題ないが、精神的に落ちこんでいる」状態だったという。

それでも日付が変わった24日深夜にツイッターを更新して、「この戦いから私は多くのことを学ぶでしょう。サポートありがとうございました」と綴った。

≪関連記事≫

スティーブン・バトラー、ボクシングに救われた少年時代 村田諒太戦へは「準備完了」

井上尚弥に第2子が誕生「来年はチャンピオンとしても、1人の父親としても」

ケンブリッジ飛鳥、村田諒太らが「サイバーボッチャ」「サイバーウィル」で対戦 「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」

ケンブリッジ飛鳥、村田諒太らがオープニングイベントに登場 幻想的なLEDコートでスポーツを楽しむ「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします