ダビド・ビジャ、ヴィッセル神戸ファミリーに「おめでとう」 天皇杯優勝で引退

1月1日にサッカーの天皇杯決勝が新国立競技場で行われた。初タイトルを目指すヴィッセル神戸が鹿島アントラーズと対戦し、前半に2点を奪い2-0で勝利した。

この試合を最後に神戸はダビド・ビジャ選手と那須大亮選手が引退。現役生活を退いたビジャ選手が、2日にインスタグラムを更新して喜びを綴った。

ヴィッセル神戸ファミリーに「おめでとう」

ビジャ選手はチームが2点リードした後半アディショナルタイムに出場。現役生活最後の数分間をピッチ上で過ごした。

一夜明けてビジャ選手はチームで撮った写真をアップ。選手の背後には大勢の神戸サポーターの姿も見える。

「ヴィッセル神戸に最初の公式タイトルを与えたスタッフの一員になれたことを非常に嬉しく思います。この素晴らしいファミリーを形成するすべての人におめでとうと言いたい

(c)Getty Images

スペイン代表歴代最多得点記録を持ち、FIFAワールドカップEURO(欧州選手権)も制した華々しいキャリアを日本で閉じることになったビジャ選手。神戸のサポーターからは労いと感謝の言葉が寄せられている

  • ビジャ、あなたが神戸に来てくれて、本当に良かった
  • 優勝おめでとう。日本に来てくれてありがとう
  • おめでとうございます! 次のキャリアでの幸運を祈っています

≪関連記事≫

酒井高徳が今季のリーグ戦を総括 天皇杯は引退表明のビジャのために

ダビド・ビジャがユニフォーム交換 山口蛍の代表ユニフォームを受け取る

酒井高徳がビジャの引退理由に共感 「サッカーに辞めさせられたくない」

ダビド・ビジャってどんな人?ビッグクラブを渡り歩いた代表歴代最多得点の点取り屋

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします