天皇杯MVPのベンドラメ礼生「日本バスケの盛り上がりを改めて感じた」

1月12日、さいたまスーパーアリーナで『第95回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会』の決勝戦が行われ、サンロッカーズ渋谷川崎ブレイブサンダースを78-73で下し、5年ぶり2回目の天皇杯制覇を達成した。

SR渋谷の優勝は日立サンロッカーズ東京時代の2015年以来。Bリーグ発足後は初のタイトル獲得となった。

大接戦を制したSR渋谷 MVPはベンドラメ礼生

試合は序盤から一進一退の攻防が続き、第2クォーターを終えて35-35と差がつかない。SR渋谷は第3クォーターで4点リードを奪うが、川崎も辻直人選手のシュートで追い上げ、最後まで僅差を争う接戦になった。

粘る川崎を振り切り令和初の天皇杯王者に輝いたSR渋谷。MVPには13得点、4アシストでゲームメイクしたベンドラメ礼生選手が選ばれた。

ベンドラメ選手は両手を挙げて場内の歓声に応えると、チームメイトのMVPコールに背中を押されながらコート中央に歩み出た。

日本バスケの成長を感じながらプレーできることは幸せ

ベンドラメ選手は2016年にアーリーエントリーで日立サンロッカーズ(現SR渋谷)に入団。Bリーグが発足した2016-17シーズンにはルーキーながら49試合に出場し、1試合平均8.4得点、同2.7アシストの活躍。初代新人賞に選出された。

試合後、ベンドラメ選手は「日本のバスケットの盛り上がりを改めて感じることのできる3日間でした」と、ツイッターでファイナルラウンドの盛り上がりについて触れ、「このタイミングで現役としてプレー出来ること その成長を肌で感じられることとても幸せだなと思います」とした。

ツイートは「会場を盛り上げてくれたバスケットボールファンのみなさんありがとうございました」と、ファンへの感謝で締めくくられている。

≪関連記事≫

川崎ブレイブサンダースの凄技に「神回」の声 プロバスケ選手が3点シュートの限界に挑む

「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり

新キャプテン・ベンドラメ礼生が語る “プロフェッショナル集団”としての新しいサンロッカーズ渋谷

関野剛平のゴルフスイングに、ベンドラメ礼生がツッコミ「ゴリラが棒とボール見つけました」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします