大坂なおみ、全豪オープン3回戦進出 インタビューで語った「唯一変わったこと」

(c)Getty Images

1月22日、テニスの全豪オープン女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク4位の大坂なおみ選手が同42位の鄭賽賽選手(中国)に6-2、6-4で勝利した

危なげなく第1セットを先取した大坂選手だが、第2セットではゆるいボールも交えて試合のペースを変えてきた鄭選手選手に手を焼く。1ゲームオールの第3ゲームでブレークを許してしまうと、大坂選手はラケットをコートに叩きつけて悔しがった

大坂選手は直後の第4ゲームでブレークバックに成功するが、その後は互いに相手のサービスゲームを破るブレーク合戦に。それでも途中から大坂選手が流れを取り戻し、最後は鄭選手のダブルフォルトで勝利を手にした

自分を本気で倒そうとする選手がいるのは幸せ

試合後のインタビューで大坂選手は、4大大会の前回王者として注目されることに「それは全米オープンでも経験したこと」と答え、変わったのは自分よりも周りの見る目だとコメントした。

「唯一変わったのは、みんなが私を以前よりも倒したがるようになったこと。私は昨年の全豪オープン以降、そのことにうまく対処できませんでした。これは素晴らしい挑戦だと思います。自分に対してベストを尽くそうとする人がいることは、成長できる機会でもあるので幸運です」

≪関連記事≫

大坂なおみが全豪連覇へ好スタート グランドスラム初観戦の父に勝利を捧げる

連覇を目指す大坂なおみも 全豪オープン王者たちの直前練習が公開

大坂なおみ、ラグビー日本代表が『ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020』にノミネート

大坂なおみが今年初勝利で「First W of 2020」 新コーチとのタッグで初陣を飾る


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします