八村塁が怪我から復帰 久しぶりの実戦は「楽しかった」

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手がケガからの復帰を果たした。現地2月3日(日本時間4日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦に先発出場し、26分間のプレーで11得点、8リバウンドを記録した。

この試合はジャパニーズ ・ヘリテージ・ナイトとして行われ、会場には八村選手がプリントされたTシャツを着るファンの姿も多く見られた。

八村選手は試合開始直後から積極的に動き、味方の得点を生み出す。「練習だけで試合勘を取り戻すのは難しい」と心配していたスコット・ブルックスHCを安心させるようなプレーだった

試合はウィザーズが117-125で敗れた。最終クォーターでは追い上げを見せたウィザーズだが届かず、ホームで敗戦を喫した。

7週間ぶりの試合も緊張せず「楽しかった」

試合後の八村選手は久しぶりの実戦に「楽しかったですね」とコメント。

26分間のプレータイムも問題なかったと話している。

思ったより大丈夫でしたね。急がないで回復の段階を踏み、ウェイトトレーニングもやってきましたし、そういうところもしっかり出たかなと思います」

八村選手はNBAオールスターウィークに行われる『ライジングスターズチャレンジ』の出場選手にも選ばれている。日本人として初めて出場する八村選手を、ワシントンポストは「新たな歴史を作り続けている」と記した。

≪関連記事≫

八村塁、2月1日ネッツ戦で復帰の見込み 指揮官がコメント「どんどん状態が良くなってきた」

八村塁と渡邊雄太、史上初となる日本人対決が実現 試合後にはユニフォーム交換も

錦織圭、大坂なおみ、八村塁がCM初共演 “地元民必見”パロディCM32本が同時公開

八村塁、「SoftBank 5G」新テレビCMが放送開始 竹内涼真、広瀬すず、杉咲花ら“ソフトバンクオールスター”が集結

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします