富士ゼロックススーパーカップは神戸が勝利 9人連続PK失敗の珍記録も、最後は山口蛍が決める

2月8日、昨シーズンのJリーグ王者と天皇杯王者が対戦する富士ゼロックススーパーカップが行われ、天皇杯王者のヴィッセル神戸がPK戦でリーグ王者の横浜F・マリノスを下した。

Jリーグ公式戦では史上初となるPK9人連続失敗の珍しい記録も生まれたが、まずは神戸が今シーズン最初のタイトルを手にしている。

両チームが持ち味を発揮した好ゲーム

試合は神戸が先制する。アンドレス・イニエスタ選手のパスからドウグラス選手が決めた。前半のうちに追いつかれた神戸だが40分には、古橋亨梧選手のゴールで再び勝ち越しに成功する。

リードして迎えた神戸だが後半は横浜FMのペースに。山口蛍選手のゴールで追加点を挙げるが扇原貴宏選手、エリキ選手に決められ同点で90分が終了。勝負はPK戦にもつれこんだ

酒井高徳「次のタイトル獲れるように頑張ります」

PKではともに3人目が失敗。そこから両チーム合わせて9人連続で失敗したが、最後は神戸の7人目で蹴った山口選手が成功させた

試合後、Jリーグ公式ツイッターは神戸の選手たちが喜びに湧く動画をアップ。最後のPKを決めた山口選手は酒井高徳選手と一緒に登場した。首から金メダルを提げたふたりは「優勝しました。応援ありがとうございます」とファンにお礼。

酒井選手は「次のタイトル獲れるように頑張ります」と今後の抱負を語ったほか、カメラに「髪型どうですか?」と質問。パーマの仕上がりを気にする2人に、Jリーグのツイッターは「パーマも似合ってます」と答えた。

≪関連記事≫

大津祐樹が10年ぶりに横浜Fマリノス復帰の水沼宏太にインタビュー「#新戦力に聞いてみた」

土居聖真、今年は「出会いを大切に」 サッカー選手は占いを気にする?

阪神淡路大震災から25年、同年発足のヴィッセル神戸が特設サイトを開設

巻誠一郎の引退試合が開催 子どもたちを無料招待、今後は「誰かを助けてあげるようなことを」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします