松岡修造が『サワコの朝』に出演 「実はネガティブ」と現役時代を振り返り、決断力とメンタルの鍛え方を伝授

2月22日放送の『サワコの朝』に元プロテニス選手・松岡修造さんが出演する。

現役時代は日本を代表する選手として活躍。ATPワールドツアーでの優勝や、ウィンブルドンで日本男子62年ぶりとなるベスト8入りも達成した。

引退後はスポーツキャスターとして活躍。テニスのみならず幅広いスポーツを応援し続けてきた。東京五輪では公式応援団長に就任。全員団結を呼びかけるため全国でイベント出演をこなしている。

実はネガティブだった現役時代

(c)Getty Images

松岡さんのイメージといえば熱血。数々の熱い名言を収録した日めくりカレンダー累計発行部数100万部を突破する人気ぶりだ。

その一方で「根拠や理論に裏打ちされていない根性論が一番嫌い」とも繰り返し発言してきた。今回の番組では「実はネガティブ」という松岡さんが、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。

“できない”や“無理だよ”は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と当時を振り返りながら、「決断のスポーツ」と語るテニスに必要な決断力を、いかにして養ったか伝授する。

番組詳細:https://www.mbs.jp/sawako/

≪関連記事≫

テニーズ・サンドグレン、ロジャー・フェデラーとの試合を振り返る 「みんなを代表していたような気がする」

ロジャー・フェデラーが南アフリカでラファエル・ナダルと対戦 ラグビー南ア代表のシヤ・コリシも登場

西岡良仁が初の海釣りでリラックス 今年は東京五輪が目標

ノバク・ジョコビッチ、自身8度目の全豪オープン制覇 体調不良も跳ね除けての逆転勝利

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします