鈴木誠也、サビエル・バティスタの契約解除に寂しさ 「また日本来たら飯いこーなー」

広島カープは3月2日、ドーピング違反で昨年9月3日から6ヶ月間の出場停止処分を受けていた、サビエル・バティスタ選手との契約を解除すると発表した。この日が出場停止期間の最終日だった。

バティスタ選手は2009年からマイナーリーグでプレー。2015年にドミニカ共和国のカープアカデミーに入所したことをきっかけに、広島の練習生として来日した。

2016年に広島と育成契約。2017年には支配下登録されている。3シーズンで通算打率.257、62本塁打、145打点をマーク。2017年に広島と結んだ6年契約を3年残していた。

バティスタ選手は「故意でない」と主張し続けたが、広島側は主張を裏付ける証拠がなかったとしている。

鈴木誠也はバティスタとの別れを惜しむ

ファンの間でも賛否が分かれる今回の決定。選手のなかでいち早く反応したのは鈴木誠也選手だった。

鈴木選手はインスタグラムに、ロッカールームで撮影したバティスタ選手とのツーショットをアップ。

バティと野球一緒にできなくなるのは残念で寂しさしかありません!」と別れを惜しんだ。

一緒に戦ったチームメイトへ「いろんな冗談を言い合ったり飯も行ったりほんとにいい奴でした!バティは一生の友達です!また日本来たら飯いこーなー!」と声をかけた。

≪関連記事≫

セ・リーグ6球団の監督が集合、今シーズンの展望を語る NHKサンデースポーツで放送

ロッテ・佐々木朗希が卒業式に出席「地元に明るい話題を提供出来る様に頑張りたい」

中日・又吉克樹、無観客試合に「ファンの方がいない試合はやっぱり寂しいです」

阪神・西純矢、卒業式に出席 「色々ととりあえず大変だった3年間」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします