ロッテ・佐々木朗希が卒業式に出席「地元に明るい話題を提供出来る様に頑張りたい」

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手が高校を卒業した。球団公式インスタグラムが佐々木投手から送られてきた写真を公開している。

卒業式に出席するため地元に戻った佐々木投手。久しぶりに大船渡高校の学生服に袖を通し、授与された卒業証書をカメラに見せる。反対側の手にはロッテのお菓子「コアラのマーチ」も持つ。

これまでお世話になったチームと、これからお世話になるチームの両方を大事にしていることが伝わってくる1枚だ。

ロッテ広報は佐々木投手から「久しぶりに地元に戻りリフレッシュ出来た」旨のメールが届いたことや、改めて地元の素晴らしさを感じ「そんな地元に明るい話題を提供出来る様に頑張りたい」とプロでの活躍を決意したことも明かした。

種市篤暉との名コンビも誕生?

1月8日にロッテの寮に入り、新人合同練習や春季キャンプで身体作りに励んできた佐々木投手は、2月27日に初めて捕手を座らせてブルペン入り

佐々木投手は吉井理人投手コーチの指導に笑顔で頷きながら、キャッチャーミット目がけて力強いボールを投げ込んだ。このときの様子を撮影した動画はYouTubeで42万回再生された

動画では種市篤暉投手とも共演。種市投手が「先輩を舐めてる」と言うと、佐々木投手が「舐めてないですよ。リスペクトしてます」と返し、早くも息の合ったやり取りを見せた。

≪関連記事≫

中日・又吉克樹、無観客試合に「ファンの方がいない試合はやっぱり寂しいです」

阪神・西純矢、卒業式に出席 「色々ととりあえず大変だった3年間」

佐々木朗希、種市篤暉から「ネクタイの締め方」指導で自信満々

上原浩治、“選手としてではなく迎えるシーズン”を語る とにかく野球を「見てほしい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします