FC琉球・播戸竜二から子供たちへ”夢”を叶えるためのアドバイス「遥か高い目標に向かって、走り続けて!」

6月14日に開幕するFIFAワールドカップ・ロシア大会(W杯)を前に、FC琉球の播戸竜二選手がインスタグラムを更新して、自身とW杯との関係や子供たちに向けてのアドバイスを投稿した。

W杯を「サッカーをする全ての人の憧れの場所」と綴る播戸選手は、2002年の日韓W杯を観戦したときの写真を載せている。

この日はノエビアスタジアム神戸でブラジル対ベルギーの決勝トーナメント1回戦が行われ、ブラジルがリバウドとロナウドのゴールで2-0の勝利を収めた。

自身のこれまでを振り返り、子供たちにアドバイス

16年前の熱狂を思い出しながら、「こうやって、地元で行われたワールドカップを観戦出来た事に満足しちゃってたね」と自分のこれまでを冷静に振り返る。

「俺自身は、ワールドカップに対して、本当の意味での出場という夢は無かった。それが出場することが出来なかった理由。もっと現実的に考え、もっとそれに対して挑戦していれば、違う景色が見れたかもね」

播戸選手は2006年にA代表に選出され、アジアカップ予選ではゴールも挙げたがW杯に出場したことはない。

自身の経験も踏まえながら播戸選手は、「チビッコの諸君、高い高い、遥か高い目標に向かって、走り続けて!」と子供たちにアドバイスを送った。

『ワールドカップ』 ・ サッカーをする全ての人の憧れの場所。 ・ 俺自身は、ワールドカップに対して、本当の意味での出場という夢は無かった。 ・ それが出場することが出来なかった理由。もっと現実的に考え、もっとそれに対して挑戦していれば、違う景色が見れたかもね。 ・ こうやって、地元で行われたワールドカップを観戦出来た事に満足しちゃってたね。 ・ チビッコの諸君、高い高い、遥か高い目標に向かって、走り続けて! ・ まだ現役をやってる自分に、ちょっと満足です。 ・ ・ #ワールドカップ #worldcup #ウイングスタジアム #ベスト16 #ブラジル #ベルギー #おい満足するな #もっと高い目標を! #金髪若いね #ネックレスも #もうすぐ抜糸です #たくさんの心配ありがとうございます

A post shared by 播戸竜二 (@ryuji_bando) on

この投稿にフォロワーからは、「若い。このW杯期間中に神戸でバンちゃんに撮ってもらった写真今もあります」「子ども達には~夢高くもってもらいたいですね」「まだまだ現役でピッチを走り回って下さい。チビッコ達に夢を与える仕事素敵です」などのコメントが寄せられている。

https://spread-sports.jp/archives/1925

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします