アリーナ・ザギトワが語る、オンライン上の批判との向き合い方

女子フィギュアスケート平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ選手は、ロシア紙のインタビューで、オンライン上の批判との向き合い方について語った。

2018年の平昌五輪で女子シングル金メダリストとなったザギトワ選手だが、フリースケートで難易度の高いジャンプを後半に集中させたことが批判の対象になった。

疲労が蓄積する後半に跳んだジャンプは、すべて基礎点を1.1倍にするルールがあったためだ。

誰もが好きになってくれるわけではない

(c)Getty Images

最初は批判してくる人たちを無視しようとした」とザギトワ選手。

「だけどスタートが悪かったときもあったし、彼らはしつこく私に連絡してきました。私が何をすべきか教えるために手紙を書いてたんです」

それらの声が気になった時期もあるが、周囲から「これは普通のことで誰もが好きになってくれるわけではない」と励まされ、安心したという。

参考:https://www.olympicchannel.com/en/stories/news/detail/alina-zagitova-trolls-haters-owe-nobody-anything/

≪関連記事≫

ザギトワが自宅でのトレーニングを公開「この厳しい状況下でも、自宅でトレーニングを続けていきましょう」

アリーナ・ザギトワがインタビュー番組に出演 “引退騒動”の真実を語る

アリーナ・ザギトワ、エテリ・トゥトベリーゼコーチの愛娘の誕生日を祝福

アリーナ・ザギトワ、愛犬との時間を公開 和やかな笑顔にファンも喜ぶ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします