村田諒太、室内で行えるトレーニング方法を伝える 投票で選ばれたものを実践

(c)Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、ナイキ自宅待機を続けるアスリート室内でもアクティブに過ごすためのサポートを行っている。

4月27日からは1週間、プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太選手が、ナイキのオンラインプログラムにゲスト出演している。
※村田選手が登場しない回もあり

村田選手は、この状況下で強い精神を養うためのアドバイスや、室内でも行えるトレーニング方法などをナイキアプリやインスタグラムにて伝える。トレーニング方法は視聴者による人気投票で決まった。

トレーニングをしたら「#ステイアクティブ」「#playfortheworld」でシェア

村田選手は人気投票で選ばれた腹筋運動腕立て伏せダンベルを使ったエクササイズを実践。視聴者に向けて「皆さん僕と同じトレーニングをやってみてください」と呼びかけた。

自宅で村田選手と同じトレーニングをしたら「#ステイアクティブ #playfortheworld」のタグをつけることで、SNS上でシェアできる。

今後もナイキは様々なナイキアスリートと協力しながら、無料のワークアウトコンテンツ専門的アドバイスを提供し、アスリートがどこにいてもそれぞれのゴールを達成できるようStay Homeを支援していく。

≪関連記事≫

村田諒太の珠玉の名勝負を本人が解説「自分のヒストリーを振り返るのは初めて」

村田諒太が目の体操を紹介 「携帯を見る時間が長くなり、眼が疲れていませんか?」

村田諒太、アスリートの資金面での苦労を語る 「才能を無駄にしてしまう選手がものすごく多い」

スティーブン・バトラー、村田諒太戦を終え関係者に感謝 「もっとトレーニングしなければならない」と再起を誓う

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします