ワッキー「日本代表に汚い言葉を投げつけるのをやめたらどうか」

6月10日、お笑いコンビ『ペナルティ』のワッキーこと脇田寧人さんが自身のツイッターでサッカー日本代表に寄せられる厳しい意見に関して、「日本代表に汚い言葉を投げつけるのをやめたらどうか」という提案をした。

ワッキーさんはサッカー強豪校である千葉の船橋市立船橋高等学校出身で、プロサッカー選手も目指していた。

ロシアW杯開幕2ヶ月前でバヒド・ハリルホジッチ前監督を解任し、西野朗氏を新指揮官に据えた事件などに嫌悪感を抱くサッカーファンは多い。

8日に行われたスイスとの国際試合で0対2で敗れた日本。4月に西野監督が就任して2連敗、昨年から5戦連続で白星なしといった状態となっている。

米国のスポーツメディア「ESPN」も、下記のように日本の状況を伝えている。

「4年前、約700人のファンが成田空港に押し寄せ、日本代表選手らを見送った。しかし、先週、2018年のロシアW杯に参加する『サムライブルー』を見送ったファンは、150人しかいなかった」

今大会の日本代表への期待値の低さは、近年と比較するとかなり低いと言える。

【ロシアW杯】米国メディアも報道…空港への見送り人数から見る、日本代表への期待値の低さ

サッカー日本代表にマイナスの意見が非常に集まりやすい状況だからこその提言だったと言えるだろう。

言葉の暴力は 代表選手でも傷つくし プレーにも出てしまうような気がしてなりません

このツイートにはさまざまな角度からの意見が寄せられた。

「海外から学ばなきゃいけない事はそんな事じゃない」

寄せられたツイッターユーザーからの「海外はもっと乱暴で汚い言葉で応援します それをバネに出来た選手だけ代表で活躍してます それが現実です」といった意見に対しても、そうした状況を理解しつつも、本当に日本代表のためになる行動は何か、といった観点が必要だという旨の発言で返した。

ワッキーさんは「非難」と「批判」を一緒くたにしているわけではなく、選手の気持ちを考慮しない闇雲な意見に対して嫌悪感を抱いていることを明らかにしている。

Jリーグ栃木SC、マーケティング戦略部長の「えとみほ(江藤美帆)」さんもワッキーさんのツイートに寄せられたリプライに対して思うところがある旨をツイートしている。

サッカー選手だって自分と同じ人間ですよ?

≪関連記事≫

ロシアW杯はベスト8に手が届かなかった日本代表…カタールで悔しさを果たせるか

ロシアW杯で評価を上げた日本代表…アジアカップへ向け若手との融合に注目

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします