宇野昌磨、『スマブラ』番組で腕前を披露 トッププレイヤーと渡り合う実力に身内からも驚きの声

男子フィギュアスケーターの宇野昌磨選手が6月23日、YouTubeで配信された『ケプトの定時退社』に出演した。任天堂のゲームソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)』のファンであり、ゲーマーだという宇野選手のプレーに注目が集まった。

五輪メダリストの登場に視聴者は興味津々。配信前から同時接続者数が6000人を超え、番組が始まるとあっと言う間に1万人に達した。

番組の冒頭では、ケプトさんから今回どのようにして、宇野選手が『ケプトの定時退社』に出演するに至ったかの経緯が語られた。それによれば最初は宇野選手の友人を名乗るアカウントから、ツイッターのダイレクトメッセージで「僕の友達の宇野昌磨が番組に出演したいと言っている」と逆出演交渉があったのだとか。

最初はいたずらも疑ったケプトさんだが、実際に打ち合わせをするなかで宇野選手本人も登場。出演が決まった。

スマブラを本気で始めたきっかけは弟に負けたこと

番組では宇野選手のスマブラ歴も明かされた。ゲーム自体は昔から遊んでいたが、本気で取り組みはじめたのは1年ほど前から。きっかけは弟のさんと対戦し負けたことだった。それまで友人の間は「あまり負けないほう」で強いと自負していた宇野選手だが、身内に負けたことで火がつき“ガチ勢”に。

いまでは「弟があまりやってくれなくなるくらい」強くなってしまったと笑う。

番組後半には宇野選手とケプトさんがスマブラで対戦。トッププレイヤーのケプトさん相手に一歩も退かない宇野選手にコメント欄も驚きで埋め尽くされる。

ケプトさんからは「すごく丁寧」「好感が持てるスマブラ」と宇野選手のプレーを讃える言葉もあった。

見事なプレーに母はショック? 「こんなに強くなる程ゲームを」

この放送を宇野選手の弟・樹さんも見ていた。放送終了後には「凄く楽しい時間でした!」とツイッターを更新。宇野選手をスマブラガチ勢の道に誘った樹さんだが、現在の実力に「僕はもう勝てない」と白旗を揚げる。

さらに「ゲームに詳しくない母が、こんなに強くなる程ゲームをしていた事に軽くショックを受けています」と家族の反応も紹介した。

≪関連記事≫

宇野昌磨が『スマブラ』番組に出演 かねてよりゲームが趣味と公言

Bリーグ・アルバルク東京と宇野昌磨がコラボ ルークによる“質問攻め”も

宇野昌磨の衣装マスク、再入荷を予告 作者は「予想以上の売れ行き」

宇野昌磨、新型コロナ終息後はファンの前で「自分らしい演技を」 世界選手権に向けた際の練習動画も公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします