【競馬】朝日杯FSは良血フランケル産駒・グレナディアガーズV 勝ちタイムは1分32秒3のレコード

12月20日、阪神競馬場で開催された第11R・朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)は、道中3番手を進んだ1番人気グレナディアガーズ(牡2、栗東・中内田)が、直線半ばで逃げたモントライゼを交わし抜け出すと、馬場の内側から差してきた2番人気2着ステラヴェローチェに3/4馬身差をつけ勝利した。勝ちタイムはレコードとなる1分32秒3(良)で、鞍上は川田将雅騎手。2着に1馬身半差の3着は馬場の外側から差を詰めてきた1番人気レッドベルオーブ

2020 朝日杯フューチュリティS(jraofficial)

▽配当
単勝2 1750円
馬連2-7 5000円
馬単2-7 1万4610円
3連複2-7-8 4150円
3連単2-7-8 5万1360円
(2.グレナディアガーズ、7.ステラヴェローチェ、8.レッドベルオーブ)

▽【グレナディアガーズ】
父Frankel
母ウェイヴェルアベニュー
母父Harlington
※母はBCフィリー&メアスプリント勝ち。
通算4戦2勝(重賞初勝利)

※レースの成績、払戻金等については万全を期すため主催者発表のものとご照合ください。

【朝日杯フューチュリティF週に『6億円』山分け!?】
◎グレナディアガーズがズバリ!YouTube『ネオスポちゃんねる』で公開中!

文・SPREAD編集部

【競馬】朝日杯FS 人気一角のドゥラモンドより買いたい“人気落ち”の馬

【競馬】朝日杯FS 武豊騎手、2歳GIはデータからも『鬼門』か?それとも買いか?

【競馬】朝日杯FS レッドベルオーブにデータ面で死角なし 穴候補では意外な伏兵が「波乱演出」に虎視眈々

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします