【競馬】年度代表馬にアーモンドアイ 牡牝無敗の三冠馬2頭は受賞ならず

アーモンドアイ (C)Toshihiko Yanagi

日本中央競馬会(JRA)は6日、『2020年度 JRA賞』受賞馬選考委員会を開催し、記者投票の結果に基づく競走馬各部門の受賞馬を発表。

年間でもっとも活躍した競走馬に送られる「年度代表馬」には、2020年にヴィクトリアマイル天皇賞・秋ジャパンCのGI3勝を挙げたアーモンドアイが選定された。

天皇賞・秋では史上最多の芝GI8勝目をマークし、ジャパンCではコントレイルデアリングタクトの後輩三冠馬を抑え、ラストランを芝GI9勝目で締めくくった。

◆三冠馬3頭が激突した伝説のジャパンCレース動画
◆『2020年度 JRA賞』各部門受賞馬・投票結果

なお、アーモンドアイは2018年の3歳時にも年度代表馬に選ばれており、これで2度目の受賞となる。

■2020年度はGI3勝馬が4頭の大混戦

2020年はアーモンドアイを含め、GI3勝をマークした馬が4頭いた。コントレイルは皐月賞日本ダービー菊花賞を制し、父ディープインパクトと同じく無敗三冠馬に。デアリングタクトは桜花賞オークス秋華賞で無敗の牝馬三冠を達成した。

コントレイルは「最優秀3歳牡馬」、デアリングタクトは「最優秀3歳牝馬」にそれぞれ選定されたが、過去、同年の牡馬クラシック三冠馬で「年度代表馬」に選ばれなかったのは今回が初のケースとなる。

また、2020年に唯一、アーモンドアイに土を付けたグランアレグリアは、安田記念スプリンターズSマイルCSを制し、2階級制覇&春秋マイルGI制覇となったが、「最優秀短距離馬」のみの受賞となった。

なお、宝塚記念有馬記念のグランプリ連覇を成し遂げたクロノジェネシスには「特別賞受賞馬」が与えられた。

年度代表馬の投票内訳は以下のとおり。

1位 アーモンドアイ 236票
2位 コントレイル 44票
3位 グランアレグリア 2票
4位 デアリングタクト 1票

■「3年間、騎乗することができて幸せでした」

アーモンドアイ陣営からは、JRAを通じてコメントが発表され、管理した国枝栄調教師は「輝きを保ったまま最後まで頑張ってくれました」と有終Vで締めくくった同馬の活躍を労い、C.ルメール騎手は「3年間、騎乗することができて幸せでした」と、15戦中14戦の手綱を任せられたことに感謝の言葉を綴った。

馬主:有限会社 シルクレーシング 米本昌史 代表取締役
まずは名誉ある年度代表馬に選出いただいたこと、また素晴らしい馬たちが素晴らしいレースをした中で選出いただいたことを大変光栄に思います。国枝厩舎、牧場スタッフの皆様をはじめ、この馬に関わられた全ての方々に感謝申し上げます。現在は無事に引退し、繁殖牝馬としてのキャリアをスタートしておりますので、仔がデビューした時にはまた変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

調教師:国枝栄
昨年はGIレースを3勝し、大記録も作ることができ、輝きを保ったまま最後まで頑張ってくれました。アーモンドアイには感謝しかありません。年度代表馬を受賞できたのは、オーナー、生産者、ファンの皆様の支えの賜物だと思います。

騎手:C.ルメール
彼女は昨年も強かったです。2歳から高いポテンシャルを見せてくれて、最後のレースまで頑張ってくれました。最後まで無事に走り切って引退してくれてよかったです。忘れられない馬です。3年間、騎乗することができて幸せでした。彼女の仔を楽しみにしています。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします